催淫剤とは?精力剤との違い。魅惑の効果と知っておくべきそのリスク

催淫剤とは?精力剤との違い。魅惑の効果と知っておくべきそのリスク

催淫剤はどんな効果があるかご存知でしょうか?使用する前に知っておくべきリスクや効果をお伝えします。男性なら一度は夢見る催淫剤ですが、実は気持ちの良いセックスライフを送るサポートをしてくれるアイテムと言えるかもしれないのです。

シェアする

催淫剤って何?その効き目と危険性は?

催淫剤というものをみなさんはご存知でしょうか?


催淫剤(さいいんざい)ー読んで時のごとく淫らな気持ちを催させる薬です。勃起不全の治療などにも使われることがある薬剤で、その他にも、性欲を高める・恋愛感情を起こさせる効果もあり惚れ薬としても使用されていた時期もありました


催淫剤は性機能の改善効果を期待して精力剤・強壮剤としても使われることがあります。


ご存知のように、催淫剤と同じ効果を持つものとして媚薬が挙げられます。


古くから媚薬や惚れ薬といったものは世界中に存在しており、男性だけではなく女性がより気持ち良いセックスを行うための効果も発揮してくれるのだとか。


今回はそんな催淫剤や媚薬の効果や副作用、通販など購入の仕方などをご紹介したいと思います。


催淫剤について


 催淫剤とは一体どのようなものなのでしょう。


ここでは、催淫剤の基礎知識をもう一度おさらいしておきます。


いわゆる「媚薬」のこと

催淫剤は媚薬と同じ効果が現れる薬です。よく媚薬がどんなものか知らないという方もいらっしゃると思いますので少し説明しておきましょう。


媚薬というのは性的興奮を促す効果を持つ薬のことを指します。よくAVなどで女性の性欲を高めるために用いているシーンなどがありますが、まさに媚薬を絵に描いたような効果ですね。


恋愛感情を起こさせる効果が期待できるので惚れ薬としてのイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。


ただ基本的に精神をコントロールできるほどの効果はなく、意中の相手を強引に振り向かすといった強い効果はないようです。


また、刺激性物質の入っている食材も媚薬に分類されることがあります。


タマネギやニンニクのように一般的に使用する野菜でも過去には刺激が強いことから媚薬として扱われていました。媚薬は女性だけに使うというイメージが強いものの、男性に効果が期待できるものも存在しています。


とはいっても、全ての人に同じような効果が現れるわけではないので、そのへんは注意する必要がありそうです。


「強精剤」を意味する場合も

また催淫剤は強精剤という意味を使われる場合もあります。強精剤とは性ホルモンの低減を改善してくれる効果のある薬です。


性ホルモンが低減すると勃起障害や早漏など男性としてなりたくない性機能障害になる可能性があります。また男性更年期障害のリスクも発症する可能性があり、その効果にも期待ができるんです。強精剤は内服薬だけでなく塗り薬などもあり、多くの方が使用している薬です。


そんな強精剤は医薬品としては性ホルモンの改善をしてくれる薬として説明させていただきましたが、広義的には性的な効果上昇を主目的とした薬です。


催淫剤に期待できる効果


催淫剤を飲むことで女性にはどのような効果が見られるのでしょう。


ここでは代表的な効果について見ていきましょう。


興奮作用

催淫剤を使用する事で期待できる効果はまさに興奮作用です。催淫剤にもよりますが催淫剤を使用すると飲み薬の場合は30分ほどで興奮してきます。


これは催淫剤に使用されていることが多い漢方などの成分が作用し、性ホルモンの分泌量が上がったり、性欲が高められることでよりセックスに対して興奮することができるようになるからなのだとか。


マンネリなどからセックスレスになった夫婦には本当に最適な興奮作用です。女性が使用すると30分ほどで局部がジンジンするような感覚を覚えるそうです。


感度の上昇

催淫剤を使用すると興奮するだけでなく感度も急上昇します。個人差はありますが、女性が使用すると局部を触れられるだけで感じてしまうほど。


これも催淫剤によって性欲がアップする効果によって起きるとされているほか、体温の上昇によるリラックス作用や、催淫剤による愛液の分泌量の上昇も関わっているとされています。


特に愛液は分泌量が増えればそれだけ女性がセックスを気持ち良く行えるようになるとされているため、その分泌量を増やすパワーが期待できる催淫剤は気持ちの良いセックスを行うのに効果的と言えるのかもしれません。


中には潮を吹いてしまう方もいらっしゃるようです。催淫剤を使用した女性は何度もオーガニズムに達することができるので、セックスレスや不感症の方には効果がとても期待できます。


普段の何気ないマンネリ化したセックスをハードで興奮できるセックスに変えるなら催淫剤は良いかもしれません。


プラシーボ効果も利用しよう

 プラシーボ効果とは思い込みによって、実際には無いとされている効果が本当に発揮される効果のことを指しています。


もちろん催淫剤には実際に催淫効果が期待できる素材や成分が使用されていますが、「催淫剤を使えば気持ちいいセックスができる」という思い込みやドキドキ感によってさらに気持ちの良いセックスが行える可能性が高くなるのだそうです。


安全な催淫剤に使用されている成分

催淫剤は身体に取り入れるものであるため、できれば安全と言われているものを使いたいものです。


実は安全とされている催淫剤には共通して配合されている成分があります。果たしてどんな成分なのか1つずつ確認してみましょう。


ムイラプアマ

ムイラプアマはブラジルで生育している高さ5mほどの木の名前です。


このムイラプアマの樹皮や根は性機能の回復や神経系を健康にするのに現地で重宝されていたそうで、その効果から日本で発売されている催淫剤にも含まれていることが多くなっています。


特に性欲の増強に効果を発揮するとされていると言われており、その催淫作用によって女性をムラムラさせるのに一役買ってくれるとされています。



ザクロ

割とメジャーな果物であるザクロですが、実は女性ホルモンの1つであるエストロゲンを豊富に含んでおり、性ホルモンの量が増えることで女性の生殖機能が高まる可能性が期待できるそうです。


さらにザクロにはストレスを軽減するとされているビタミンCが豊富に含まれており、リラックスしてセックスを楽しめる精神状態が作られやすくなるのだとか。


他にも老化を防ぐ抗酸化作用、美肌、美白効果など美容効果も高く、女性にとって嬉しいフルーツとなっているようです。


プラセンタ

プラセンタとは日本語で胎盤という意味で、催淫剤の場合は主に馬の胎盤から抽出された馬プラセンタが使われることが多くなっています。


そんなプラセンタには筋肉を作るバリンやロイシンなど10種類以上のアミノ酸やタンパク質、さらにビタミンB群やビタミンCなど豊富な栄養素が含まれており、体温の上昇やストレスの軽減によってより気持ち良くセックスを行える可能性が高まるのだそうです。


マカ

マカはペルー原産の植物で、その高い栄養価から3000年以上も昔から重宝されてきたとされています。


そんなマカの中でも特筆すべきなのがアルギニンです。アルギニンには性ホルモンの分泌などに欠かせない成長ホルモンの分泌を促す働きがあるほか、免疫力の強化やホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体を作る役割もあるそう。


他にもエストロゲンやアミノ酸なども含まれており、催淫剤や精力剤などのアイテムでは使われることが多い成分となっています。


ガラナ

ガラナもムイラプアマと同じく古来からブラジルで珍重されていたと言う小さな果実です。


その種子にはコーヒーの3倍の量のカフェイン含まれていると言われていて、そのカフェインが滋養強壮効果集中力を高める効果を与えてくれるとされています。


またガラナにはタンニンも豊富に含まれているのですが、このタンニンには細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があり、いつまでも若々しい体を保つことによって、健康的な性生活を送れるようになることもあるのだそうです。


イランイラン

イランイランはインドネシアなどの熱帯地方が原産地となっている樹木です。


独特の香りを持つ植物で、少しクセがあるので好みが分かれることが多い香りではあるのですが、その香りが好きな方には心身をリラックスさせる効果をもたらすと言われています。


さらにその魅惑的な香りからインドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランを撒くなどといった習慣もあるらしく、それだけ性生活と密接な関係がある植物として古来から使われ続けています。


【重要】危険な催淫剤は副作用が怖い!

巷には安全な成分を使用しているだけではなく、身体に重篤な副作用をもたらす可能性がある成分が含まれた危険な催淫剤も発売されています。


果たしてどんな催淫剤が危険な催淫剤なのでしょうか。


危険な催淫剤に使用されている成分と副作用

危険な催淫剤に使われているものとして、まず挙げられるのがヨヒンビンです。


ヨヒンベとも呼ばれることがあるこの成分は、自然界に存在する最も強い媚薬と言われていて、ED改善や体脂肪などを減らす効果があると言われています。


ですが多量に摂取すると嘔吐や不眠、頻脈、高血圧など多くの健康被害を生み出すとされていて、日本では劇薬に指定されている危険な成分となっています。


またインバーマ原液という成分も危険な成分の1つです。


インバーマという成分はハーブから抽出されたエキスのことを言うのですが、成分表にインバーマ原液と書かれているだけの場合、下手をすると脱法ハーブのような危険なハーブから抽出されたエキスが使われている可能性もあります。


この他ヨヒンビンと同じく劇薬指定されているスパニッシュ蠅、他の薬と相互作用を起こしやすく、めまいや吐き気、白血球が少なくなる無顆粒球症などの副作用が出るクロザビン、発がん性と依存性のあるビンロウなども危険な成分とされています。


ですので、催淫剤を購入するときはそれらの成分が配合されていないかチェックするようにしましょう。


買ってはいけない催淫剤一覧

前項の危険な成分が配合されている、買ってはいけない催淫剤には以下のようなものが挙げられます。


媚薬名配合成分
紅蜘蛛インバーマ、スパニッシュ蠅など
淫インモラルスパニッシュ蠅など
媚薬ラッシュクラッシュビンロウなど
アドバンテージDXヨヒンビンなど
銀狐インバーマなど


これらの催淫剤にはご覧通り危険な成分が多く配合されており、使用すると危険な副作用が出てしまうので絶対に使わないようにしましょう。


実際に催淫剤を使用した方の中にはこのような口コミを残している方も居ます。


  • 強い頭痛に吐き気…
    飲んでしばらくすると強い頭痛と吐き気が起き嘔吐してしまいました。しばらく収まりませんでした。 一体何が入っているのやら・・・・・ 怖すぎ・・・・・・。 止めとけばよかった・・・・・・・ ホント後悔しています。

    ソリペニ調べ


  • 合わなかった
    私は飲んですぐに気持ち悪くなってしまいました。私に合っていなかっただけかもしれませんが…(涙)

    ソリペニ調べ



このように口コミでも重い副作用によって後悔しているという方も多いようですので、危険な催淫剤を使わないことはもちろん、安全な催淫剤も用法用量を守るなど正しい使い方を心掛けるようにしましょう。


また人気のある催淫剤だからと言って、必ずしも安全な催淫剤とは限りません。人気で話題となっている催淫剤でも購入前は必ず成分などをチェックして、危険な成分が配合されていないか確認するようにしてください。


詐欺サイトには要注意

ネットなどの通販サイトで購入する時は詐欺サイトに注意してください。催淫剤や媚薬のようなアダルトグッズはネットでの購入が一番人目を気にせず購入できるということもあり詐欺サイトがたくさん存在します。


少しでもアヤシイなと感じたらお金を振り込まないようにすること、もしも誤ってお金を振り込んでしまったのであれば、すぐに警察に被害にあったことを伝えましょう。


また詐欺サイトの目的の1つに個人情報を収集することが挙げられます。クレジットカードの番号はもちろん重要ですが、それ以上に氏名や住所といった変更が容易でないものの記載には十分注意しましょう。


とにかく催淫剤のようなアダルトグッズを購入する際は、口コミなどをよく吟味して信用できるサイトで購入するようにしましょう。


催淫剤を服用できない方

催淫剤は製品そのものだけではなく、体質や身体の状態によって使えない方も居ます。


まず挙げられるのが妊娠中や授乳中の方です。


催淫剤の成分にはホルモンバランスに影響を与える成分が多く含まれていますが、妊娠中や授乳中の方は少しの影響でホルモンバランスを崩しやすいと言われているため、催淫剤を使うことで急激な体調不良に襲われる可能性があります。


それと催淫剤の成分が胎児に入り込み、出生時や成長してから何らかの悪影響を与える危険もあるので注意が必要となります。


また服薬中の方もその薬と催淫剤が反応し、思わぬ副作用を生み出す危険性があるため、何かしらの薬を服用しているのであれば、医師に催淫剤を使用して良いのか確認するようにしてください。


また薬の成分の中にアレルギーを持っている方泥酔状態の方も催淫剤を使用するとアレルギー症状を引き起こすさらに体調が悪化するなどの恐れがあるので、催淫剤の使用は控えるようにしましょう。


【男女別】おすすめ催淫剤(媚薬)はコレ

催淫剤には危険なものがあるということも分かりました。そこで次は編集部が厳選した安全で効果も期待できるおすすめの催淫剤をご紹介します。


女性用催淫剤おすすめナンバーワン「惚れルンです」

\安全な有効成分を多く配合/


惚れルンです

  • 価格:1本 4,980円
  • 保証・特典:複数本購入で送料無料など
  • メーカー:株式会社ウェルネスケア


2017年にSNSで話題となった催淫剤が惚れルンですです。


惚れルンですは女性用の飲むタイプの媚薬であり、わずか数滴を飲み物などに混ぜるだけで効果を発揮するという手軽さも、SNSで話題となり人気となった理由の1つと言えるでしょう。


有効成分も馬プラセンタ、ガラナ、マカ、ザクロ果皮から抽出されたエキスが使われており、高い安全性と効果を期待することができます。

さらにおためし1個販売と2セット、3セット販売があり、2セット以上の購入で送料が無料になり、お得に手に入れることができますので、より長くお得に使用したい方は、2セット以上購入すると良いかもしれません。


安全な媚薬をお得に手に入れる


女性用の塗る催淫剤なら「乱痴姫」

\安全性の高い塗るタイプの媚薬/

乱痴姫

  • 価格:1本 2,980円
  • 保証・特典:中身か分からない状態で梱包、配送が可能
  • メーカー:ゴールドスタイル合同会社


女性の体に塗ることで効果を発揮する、塗るタイプの催淫剤で代表的なのが乱痴姫です。


配合されているのはカフェインやカキタンニン、イランイランなどといった代表的な安全成分のほか、局所を刺激する効果が期待できるカンフル、血流を促進させて女性器を敏感にさせる酢酸トコフェロール、性感を高めるメントールなどが配合されています。


価格も2,980円と手軽に購入することができるので、塗るタイプの媚薬がどういったものなのか、試してみたい方にもおすすめできる催淫剤です。


直接塗る媚薬の力を確かめる


男性を惹きつける魅惑の香水「リビドーロゼ」

\香りでより良い性生活を/

Source: 公式サイト

リビドーロゼ

  • 価格:1本 2,980円
  • 保証・特典:中身が分からないように配送、営業所留めが可能
  • メーカー:LCラブコスメ


催淫剤には飲むタイプ、塗るタイプのほかに香水タイプのものも存在しています。そんな香水タイプの催淫剤でおすすめなのがリビドーロゼです。


香りで効果を発揮するだけあってイランイランが配合されているほか、男性への印象を高めるオスモフェリン、ポリフェノールを多分に含んでいるクランベリー果汁、生活習慣の中で受けるストレスをケアするブドウ葉エキスなどが性生活に良い刺激を与えてくれるのだとか。


ベッド用のものとして作られているものの普段使いもできる香水であるため、好きな男性に香りで印象付けをするのにも使えるアイテムと言えるでしょう。


中身が分からないように梱包され、営業所留めによって家族に使っていることがバレる心配も少ないため、催淫剤を使っていると自分以外の人に知られたくない方も試してみてはいかがでしょうか。


リビドーロゼの香りを感じたい


男性用フェロモンアップ香水「ジャスティス」

\男性用香水タイプの催淫剤/

ジャスティス

  • 価格:1本 4,980円
  • 保証・特典:5個セットで1個プレゼント
  • メーカー:ダンディタウン事務局


男性は外見などから女性に惹かれるとされていますが、女性の場合は男性から発せられるフェロモンに惹かれる方も多いのだとか。また女性は男性よりも匂いに敏感で、その匂いで男性を好きになる方も多いとされています。


そんな男性の匂いやフェロモンをさらに引き立てるの効果が期待できるのがこのジャスティスです。


ジャスティスにもイランイランが配合されているほか、フェロモンをより出やすくするコレウスフォルスコリチャバエキス、そして女性の気分を高揚させるローズマリーの香りも含まれています。


特典も5個購入すると1本プレゼントでジャスティスをもらうことができるなど、お得なサービスが用意されています。ですので長期間の使用を視野に入れている方は、5個セット購入を検討してみると良いかもしれません。

フェロモンで女性を惹きつけたい


催淫剤を使ってセックスしてみた!リアル体験談

ここでは性生活に悩みを抱えている方に編集部が依頼をして催淫剤を体験してもらい、実際の体験談として効果などその方が感じたことをご紹介します。


マンネリセックスで悩んでいた…

今回催淫剤の体験を依頼したのは35歳の一般企業に勤めている男性Aさんです。


Aさんは奥様との性生活が無いわけではないのでそうですが、いつも同じようなセックスになってしまっていることにマンネリを感じており、奥様もセックスをつまらなさそうにしていたのが伝わっていたそうです。


そこで今回の依頼を受け、セックスをまた楽しめるようになるために催淫剤を体験してくれることを承諾してくれたのだそうです。


使用した催淫剤は「惚れルンです」

今回はAさんの要望で惚れルンですを使用しました。


Aさんは以前から催淫剤や媚薬について調べていたそうで、惚れルンですがどういう媚薬なのかを知っていたそうです。


しかし家族の目が合ったためなかなか催淫剤に手を出すことができず、実際に惚れルンですを購入するまでには至らなかったのだそうです。


実際に使用してみた感想

Aさんによればセックスをする1時間ほど前に、奥様には内緒で惚れルンですを飲ませたそうで、そうすると40分くらいを境に奥様の様子が変化し、いつものセックスとは違って奥様が興奮しているように見えたのだとか。


その姿にAさんもより興奮してしまい、いつもよりも燃え上がったセックスをすることができたそうです。惚れルンですの効果は体感で2時間ほど続いたらしく、その間は気持ち良くセックスを続けられたと嬉しい様子でした。


後に奥様に惚れルンですを使ったとカミングアウトしたそうですが、奥様もあの時のようなセックスができるならと前向きな意見をもらうことができたらしく、これからはセックスレスにならずに済みそうだとワクワクした顔でAさんは話してくれました。


まとめ

催淫剤には女性を興奮させたり、感度を上昇させたりなどマンネリとしたセックスを打破してくれる効果が期待できることが分かりました。


ただ催淫剤の中には危険な成分を配合しているものもあるため、健やかで質の良い性生活を送るためには安全な成分が配合されている催淫剤を見極める必要があります。


何事もまずは健康が第一です。危険な催淫剤は絶対に使わないようにして健やかな性生活を送ることこそ、パートナーといつまでも円満で居られる近道と言えるでしょう。

おすすめの媚薬を見てみる

TOP