ed治療薬の個人輸入は違法?手を出す前に知りたいメリットとデメリット

ed治療薬の個人輸入は違法?手を出す前に知りたいメリットとデメリット

ED治療薬の個人輸入を考えている方に向けて、メリットやデメリット、さらには個人輸入代行サイトや病院の選び方をご紹介します!薬の個人輸入は条件を満たせば合法です。しかしながらインターネットで流通している薬には偽物も多いそうですよ!

シェアする

個人輸入のメリット・デメリットを知っておこう​

早い!安い!ウマい・・・なんてキャッチフレーズで大きく売上を伸ばしたのは有名な牛丼チェーン店の吉野屋でしたが、薬の個人輸入は早い!安い!安全・・・かも?!とちょっと微妙なキャッチフレーズになってしまいます。輸入代行業者などを利用して海外で製造された薬や日本では承認されていない薬を飲むことは出来ますが、果たしてその薬は・・・大丈夫なのでしょうか?

お医者さんが処方してくれた薬なら、まず安全だと考えて間違いありません。世紀のメーカーや代理店から購入された薬を調剤薬局で処方してもらいますよね。しかし個人輸入の場合は、薬の製造元の真偽は業者任せですし、薬の説明書はありませんので自分で調べないといけません。みなさん、薬の説明書を読んで飲む自信はありますか?

つまり個人輸入には早い!安い!というメリットがありながらも、安全性の面ではとても大きなデメリットがあるんです。個人輸入を上手に利用すればED治療薬を簡単に入手できるものの、一歩間違えば命に関わる重大な事故を引き起こすことも・・・。そこでこの記事では、ED治療薬の個人輸入のメリットやデメリット、安全な薬を入手できると評判のショップや安全な薬を確実にゲットする方法を書きました。

EDの診察を受けるのはちょっと恥ずかしい、忙しくて時間がないけど薬が欲しいという方は必見の記事です。ぜひご覧下さいね。

個人輸入できるED治療薬 

そもそも薬の個人輸入は合法?違法?

そもそも薬を輸入することが違法なのか、それとも合法なのか、一番気になるところだと思います。結論から言うと自分が服用する​ために輸入することは合法です。​よって3大ED治療薬とも呼べる、バイアグラ・レビトラ・シアリスを手に入れるには病院で処方してもらうだけでなく、個人輸入をして服用することも出来ます。

さとみ
ねえねえ?どうして薬を海外から輸入することが合法なの?普通は薬ってお医者さんに処方箋をもらうよね?


ダイちゃん
もしさとみが海外で診察されて薬を処方されたらどうする?日本に帰ってきて、日本にその薬が売ってなかった困るだろ?そんな人たちのために薬の個人輸入は認められているんだよ。

ED治療薬のジェネリック医薬品についておさらい

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、3大ED治療薬はジェネリック医薬品も発売されていて、効果や価格、手に入れやすさなどはそれぞれ異なります。まずはそれぞれの薬の名前や価格の相場、製造元などを知っておきましょう。とても基本的なことですから、絶対に覚えておいて下さいね。

ちなみにジェネリック薬とは、薬の製法などの特許が切れたあとに同じ有効成分や効き目で発売される薬のことで、別名「後発医薬品」とも呼ばれます。ジェネリックではない元々の薬は「先発医薬品」ともいいますが、ジェネリックは新しい薬の開発にかかる費用などが抑えられるといった理由で安い価格で手に入ることが魅力です。

ED治療薬に限らず、今は一般の内科や外科、精神科の薬などもジェネリック薬が使われることが多いです。ジェネリック薬は安いため医療費が抑えられることから厚労省もおすすめしています。さらに味や薬の形を変えることでの安くするなど色々な工夫がされていることもあるので、ジェネリック薬はとても魅力的です。筆者は内科の薬を服用していますがジェネリック薬を利用していますよ。

しかし患者さんの中にはジェネリック薬より、長年の実績がある先発医薬品が良いという方もいます。この点は人それぞれですのでまずは下の表を見て、価格相場などをチェックしておきましょう。

 バイアグラとジェネリック薬

個人輸入が出来るバイアグラとそのジェネリック薬は種類がとても多いことが特徴です。バイアグラの効果は他のシアリスやレビトラと比べてペニスの硬さに定評があり、男性にも人気の商品なことがうなずけますね。

なお注意事項として、日本で発売されている正規品バイアグラの最大量は50mgです。個人輸入では100mg、150mgと大きなサイズが販売されています。日本人の体格と西洋人の体格や体質は異なりますので、使用する際はピルカッターなどを利用して半分に割るなど対処する必要があるでしょう。

またジェネリック薬の価格差は1錠150円程度から700円と大きく開きがあることも特徴です。有効成分のシルデナフィルクエン酸塩​の量の違い​が価格差に反映されることはもちろんですが、その他価格差が生まれる理由について調べてみましたが、詳細は不明です。

​製品名有効成分​1錠当たりの価格​製造元
​正規品バイアグラ​50mg1,000円〜1,400円​​​ファイザー製薬​
​正規品バイアグラ100mg​​1,000〜2,000円​ファイザー製薬
バイスマ​100mg​400〜500円​スマート社
​カマグラ
カマグラゴールド​
100mg​400〜500円​​アジャンタファーマ社​
​アグラゴールド100mg300〜400円​​Health&Beauty社​
​ハードオンゼリー100mg300〜400円​​アウロケム社​
​センフォース50mg​150〜200円​​センチュリアン社​
​センフォース​​100mg200円前後​センチュリアン社​​
​ピーフォースフォート​​150mg200〜250円​
サンライズレメディ社​
​ペネグラ​25mg400〜450円​​ザイダスキャディラ社​
​ペネグラ​​50mg​500〜550円​ザイダスキャディラ社​​
​ペネグラ​​100mg​600〜650円​ザイダスキャディラ社​​
​アスランス​20mg150〜200円​​シプラ社​
​カベルタ50mg​250円程度​​ランバクシー社​
​カベルタ​​100mg300〜350円​​ランバクシー社​​
​ゼネグラ100mg​400円前後​アルケム社​
​カマグラPOLO​​100mg600円〜700円​​アジャンタファーマ社​

レビトラとジェネリック薬

レビトラのジェネリックはバイアグラやシアリスと比べて少なく、たった4種類(バリフ・ジェビトラ・ブリトラ・サビトラ)しかありません。選択肢は少ないようですが、有効成分含有量やゼリータイプが目立ちますね。レビトラの場合、ゼリータイプが使いやすいと思いますよ。というのも、レビトラの特徴はなんと言っても早く効くこと。突然セックスに至る雰囲気になった時や飲むタイミングが難しい時にはレビトラが重宝します。

レビトラはおよそ10分〜30分で効き始める​​薬ですし、持続時間も3時間〜4時間とセックスを終えることには効果が切れるのが特徴。いざというときにササッと服用するには水なしで飲めるゼリータイプなどがおすすめです。ただしゼリータイプは少し価格相場も高め。値段が高い理由は分からないのですが、それだけ人気があるということでしょうか。もちろんゼリータイプでなくても有効成分はしっかり含まれているのでこだわらない方は錠剤タイプでも全然OKでしょう。

もうひとつ大切なことは日本で厚生労働省から承認されているレビトラの有効成分は20mgまでです。個人輸入代行ができる薬の中には40mg、60mgと有効成分が多い薬も含まれます。有効成分が多いことで日本人の身体、勃起力に良い影響を与えるとは限りません。日本で臨床試験が行われていない、あるいは認められていない薬であることはしっかり認識しておきましょう!​​

​製品名​有効成分価格相場​製造元​
​正規品レビトラ​10mg​1,300〜1,500円バイエル社​​
​正規品レビトラ20mg​​1,400〜2,000円​バイエル社​
​バリフ20mg​200〜250円​アジャンタファーマ社​​
​バリフゼリー​20mg350円〜400円​アジャンタファーマ社​​​
ジェビトラ​​20mg200〜260円​​サンライズレメディ社​​
​ジェビトラ​​40mg​250円〜320円​​サンライズレメディ社​​​
​ジェビトラ​​60mg​350円〜400円​​サンライズレメディ社​​​
ジェビトラゼリー​20mg400〜500円​サンライズレメディ社​
​​ブリトラ​20mg​200円前後​​センチュリアン社​
​サビトラ​20mg230円前後​​サバメディカ社​
​​サビトラ​​10mg180円前後​​サバメディカ社​

​​​

 シアリスとジェネリック薬

シアリスもバイアグラと同じようにたくさんのジェネリック薬が発売されています。価格も200円〜600円とかなり開きがありますね。外国には製法が異なっても有効成分が含まれていればジェネリック医薬品と同様の薬として販売できる国があるため、低価格で販売されているようです。シアリスの特徴は効き目の長さ。

つまり、服用してから24時間〜36時間の効果持続時間があるので、薬を飲んで勃起を助けてもらっている感覚がバイアグラやシアリスに比べると少ないことが多くの人に受け入れられている理由です。効き方のイメージとしては、服用してもちょっとした刺激で勃起するわけでなく、日常生活と同じように「ムラムラ」したときに自然に勃起します。この点がバイアグラやレビトラと比べて薬を飲むプレッシャーから解放されることが人気の秘密です。

なお他のバイアグラやレビトラと同じように、日本で認められているシアリスの有効成分は20mgまでの薬です。ジェネリック薬の中には40mgといった2倍の有効成分が含まれている薬もあります。これは日本では処方されることはありませんので、自己責任で服用することになります。

​商品名​有効成分​価格相場製造元​
​正規品シアリス​20mg1,500〜2,000円​イーライリリー社​​
​タダリフト20mg​​400〜500円ファイザー社​
​シアスマ​20mg​400〜500円スマート社​
​タダシップ​​20mg​​​400〜500円​​シプラ社​
​タダライズ​20mg200〜250円​​サンライズレメディ社​
​​タダライズ​​40mg​250〜300円​​サンライズレメディ社​​
​ビダリスタ​20mg200〜240円​センチュリアン社​​
​タドラ​20mg400〜500円​ジャーマンレメディ社​​
​タダリスSX​20mg400〜500円​アジャンタファーマ社​​
​メガリス​10mg400〜500円​マクレオーズ・パーマスティカル社​​
​​メガリス​​20mg​​​450〜600円​マクレオーズ・パーマスティカル社​​​
​フォーゼスト​20mg500〜600円​​ランバクシー社​
​アプカリスSXオーラルゼリー​20mg400円前後​​アジャンタファーマ社​
​パルモプレス​
20mg​250〜300円​​シプラ社​
タドリス20mg​500〜600円​Nuvomed​社​

 個人輸入の3つのメリット

 誰にも知られずに購入できる

こっそり手に入れられる薬・・・。なんだか違法なことをしているようですが、上でも書いたように個人輸入は違法ではありません。さらに恥ずかしいという気持ちが後押しして、お医者さんや薬剤師さんと顔を合わせることなく購入できることは、恥ずかしがり屋の方や忙しくて病院に行く時間が取れない方には大きなメリットとなるでしょう。レセプトにも残りませんから、個人輸入代行業者や税関以外に知られることはなく、こっそりと購入・服用ができる点はED治療薬個人輸入のメリットですね。

輸入代行業者もこの点は熟知しており、発送の際には商品名や中身が何か分からないようにして配送してくれる業者が多いようです。

とはいえ、誰かに知られてしまうことはそんなにいけないことなのでしょうか?EDが原因で不妊に悩むカップルがED治療薬を使うことはまったく不自然なことではありません。むしろ子供が欲しいという当たり前の願いを叶えるために薬を利用することは妊活に積極的で、賞賛されることと言えるはずです。

 処方より安い

バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方は決して安いとは言えませんね。診察代・処方箋代・薬代と色々なお金がかかります。しかし個人輸入であれば薬代+代行手数料だけで入手できるので薬を安く手に入れることが出来ます。上の表を見ても分かるようにジェネリック品の安さは最大9割引です。表には1錠当たりの相場を掲載していますが、まとめて30錠など購入すればさらに安くなる可能性もあるので、頻繁にED治療薬を使う方にはこの安さは魅力的でしょう。

​ただし忘れてはいけないのは、医師の診察を受けずに薬を飲むことになる点です。薬は本来、医師が必要と認めたからこそ処方されて服用するもの。この当たり前のプロセスを全部すっ飛ばして薬を購入して服用することが個人輸入代行です。安いことはメリットですが、自己責任という大きな壁があることは忘れないで下さい。

 通販感覚で手軽

個人輸入代行業者を利用すれば通信販売の感覚で手軽に薬をゲットできます。購入方法は電話サポートがある業者もありますし、自宅にいながら、あるいはスマホでポチポチッと入力を済ませてクレジットカード払い。まさにamazonや楽天で日用品を買うのと同じ感覚で購入できますね。

「あ!もう薬がなくなる!」そんな時にスマホやパソコンからサクサクッと変えてしまうのはまさしく通販。購入に慣れてくれば「今度はこっちのジェネリックを試してみよう」とカタログ感覚で輸入代行業者の製品リストを眺めて買う人もいるようです。


ダイちゃん
ED治療薬の個人輸入にはいくつもメリットがある。これだけを見ると「個人輸入いいじゃん!」なんて思ってしまうよね?でも、デメリットもあるんだ。次の項目もしっかり読んでおいてくれよな!


 知らないと危険!?4つのデメリット

 偽物の可能性も高い

「 バイアグラのジェネリック!激安!」と書かれていることもある輸入代行業者のWEBサイト。さてみなさん、安いのには理由があることは世の常だと思いませんか?輸入代行業者の企業努力で価格が抑えられているのであればよいのですが、ひょっとしたらその薬は偽物、あるいは雑な製造工程で作られているから安いのかもしれません・・・。もし服用している薬が偽物だったら、恐ろしいと思いませんか?

ED治療薬は身近な薬ではありません。私たちが良く服用する薬といえば、風邪薬や胃薬程度でしょう。でもその薬が偽物だったら・・・どうしますか?治るはずのものが治らないのはまだ良いかもしれません。しかし、表記とはまったく異なった成分や有害な成分が含まれている可能性は否定できませんよね。

さらに有効成分がまったく含まれていなくて錠剤の形や色を似せていれば偽物だと気づく人はほとんどいないでしょう。その薬が本物かどうか証明するためには専門の機関に成分分析を依頼して、有効成分が含まれていることをきちんと確認しなければなりません。さらに言えば、有効成分以外に人体に有害な物質、副作用を過剰に引き起こす物質が含まれていないことも​確認する必要があります。

ひと言で言えば素人の私たちが偽物か本物かを判別することは不可能なんです!

この記事を書くに当たって調査をしたところ、バイアグラやレビトラ、シアリスのジェネリックと言われている薬の半分以上は偽物だと主張する人もいました。そのくらい偽物の可能性は高いのです。

また仮に本物のジェネリック薬を注文したとしても、輸出元が偽物や粗悪品を出荷する可能性があります。海外から手元に届くまでの流通経路でどんなことが行われているのか確認することは私たち素人には不可能です。

偽物をつかまされてしまう危険性は私たちが考えている以上に高いことは十分に覚えておきましょう。

 違法の危険性

薬の個人輸入は気づかない間に違法行為を してしまう可能性があります。法律や決まり事をきちんと覚えていないととんでもない違法行為に及んでいることがあるので、Q&A形式で確認しておきましょう。

薬を個人輸入することは合法ですか?違法ですか?

この記事の最初に書いたとおり、個人輸入そのものは合法です。例えば、海外の病院で診察を受けた人が帰国したあと、薬を入手できないととても困りますよね。薬の個人輸入箱のような理由で認められています。

彼氏がEDで悩んでいるので、私が代わりに個人輸入をして彼氏につ買ってもらおうと思っているのですが。

これは違法行為です。個人輸入した薬を人にプレゼントすることは認められていません。あくまでも本人が使うことだけが認められています。
薬の使用は自己責任ですから、絶対に本物であるという確証がないものをプレゼントすることも危険な行為ですよね。

私はED治療薬を個人輸入しているのですが、友人から薬を分けて欲しいと言われました。薬代も払ってくれるそうですが、売っても大丈夫でしょうか?

これも違法行為です。個人輸入した薬を友人に売ることは転売行為に当たり、合法ではありません。あくまでも個人輸入したあなた自身が使う範囲でのみ合法です。


このようにあくまでも薬の個人輸入はその本人が必要としており、かつ日本では手に入らないから認められているものです。人にプレゼントしたり、売ったりすることは利益を得ないとしても違法行為ですから絶対にしてはいけません。 


ダイちゃん
さとみは男性がED治療薬を飲むことをどう思う?
さとみ
私は全然OKだと思う。だってさ、彼氏や旦那さんとのセックスってとても大切だもん!だけど、ED治療薬を飲んで欲しいからってプレゼントしちゃダメなんだね!
ダイちゃん
その通りだ!あくまでも本人が使うためだけに個人輸入できるんだよな。パートナー同士、セックスを大切なことだと考えて話し合うことも大切だし、男性にもEDで悩むなら勇気をもって医師に相談して欲しいな!

 医薬品副作用被害救済制度の適用外

どんな薬にも主作用と副作用があります。主作用とはその薬を服用して期待できる効果効能のことです。例えば風邪薬であれば、熱を下げる・鼻づまりを抑える・のどの痛みを緩和するといった効果効能が主作用です。薬の成分は全身に行き渡るので、鼻やのどにだけ作用するとは限りません。思わぬところで薬の成分が効果を出してしまい、眠気や胃炎を引き起こす可能性もあります。このような本来の目的以外に作用してしまうことを副作用と言います。


副作用がどの程度出てしまうのかは人それぞれです。副作用をまったく感じない人もいれば、主作用のメリットを超えるほどひどい副作用を感じる人もいるでしょう。筆者の知人は風邪薬を飲むと頭がぼーっとしてしまい、仕事や勉強がまったく出来なくなることからできる限り飲まないようにしています。


眠気程度であれば車の運転や危険な作業を避ける程度で副作用の被害を回避できますが、薬が体質に合わないと重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。そのため副作用で入院や治療が必要となってしまった時のために「医薬品副作用被害救済制度」が設けられています。この制度は薬の製造販売業者と厚生労働省が作っている独立行政法人医薬品医療機器総合機構に申し立てをすることで審査され、審査結果によって給付が受けられる可能性があります。しかしこの制度はあくまでも、今の科学水準では副作用を完全に防ぐことが出来ないことから設けられている制度です。また一般の人が医師の診察を受けて処方された薬で健康被害を受けても、被害の救済を求めて裁判を起こす・副作用による被害であることを証明することはとても困難かつ計り知れない時間と労力がかかります。これを緩和するために設けられている制度なんですね。


Q1 救済制度はどういう目的で設けられたのですか。
A1
医薬品や再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)は、今日医療上必要不可欠なものとして国民の生命、健康の保持増進に大きく貢献していることは改めて言うまでもありません。他方、医薬品等は有効性と安全性のバランスの上に成り立っているものであり、副作用の予見可能性には限度があることなど医薬品等のもつ特殊性から、その使用に当たって万全の注意を払ってもなお発生する副作用を完全に防止することは、現在の科学水準をもってしても非常に困難であるとされています。
また、これらの健康被害について、民法ではその賠償責任を追及することが難しく、たとえ追及することができても、多大の労力と時間を費やさなければなりません。
救済制度は、医薬品等を適正に使用した(Q2参照。)にもかかわらず発生した副作用による健康被害者に対して各種の副作用救済給付(Q8参照。)を行い、被害者の迅速な救済を図ることを目的とし、医薬品医療機器総合機構法に基づく公的制度として設けられたものです。
なお、医薬品等の副作用によるすべての健康被害を対象としているのではなく、救済の対象とならない場合があります(Q3、Q4参照)。

Source: 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構



この制度は医薬品の製造販売業者がお金を出し、厚生労働省が事務費の一部を負担するものです。つまり、医師の処方を受けて、厚生労働省の認可が下りている薬だからこそ使える制度だということ。薬の個人輸入で副作用彼我を受けたとしてもこの制度は適用されません。むしろ副作用の被害をこの制度で救済してもらおうと考えること自体が大間違いとも言えるでしょう。


Q4 救済の対象とならない場合とは、どのような場合ですか。

A4
副作用救済給付の対象にならない場合は、次のとおりです。
1.法定予防接種を受けたことによるものである場合
(任意に予防接種を受けたことによる健康被害は対象になります。)
2.医薬品等の製造販売業者などに損害賠償の責任が明らかな場合
3.救命のためやむを得ず通常の使用量を超えて医薬品等を使用したことによる健康被害で、 その発生が予め認識されていた等の場合
4.がんその他の特殊疾病に使用される医薬品等で厚生労働大臣の指定するもの (対象除外医薬品)等による場合(Q5参照。)
5.医薬品等の副作用のうち軽度な健康被害や医薬品等の不適正な使用によるもの等である場合
6.副作用や障害の程度が軽い場合や請求期限が経過した場合
7.その他、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会で給付の対象にならないと判定された場合

Source: 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

 薬の説明書は付かない

 どんな商品にもほとんどついている説明書。薬にも説明書があることはあまり知られていないようです。薬の説明書は添付文書と呼ばれていて、薬の形状や添加物はもちろん(薬は有効成分以外にも成分を発揮するためなど理由で必要な添加物が含まれています)、効果効能、基本的な注意事項、副作用、併用してはいけない薬などなどたくさんの情報が書かれています。

個人輸入した薬には基本的にこのような説明書は基本的にはついていませんから、すべて自分で調べる必要があります。さらに!薬の説明書(添付文書)は医療従事者など専門家が読むものですから、専門用語・難解な言葉のオンパレード。とてもじゃありませんが一般の素人が読んですべてを理解できるものではありません。


一般人
じゃあ、ネットで調べればいいんじゃね?

さとみ
えー!ネットで調べただけで健康に関わる薬を飲むなんて怖い!せめて薬のことをお医者さんに相談してから、安全だと信用できる個人輸入代行サイトを使わないとダメよ!!


インターネットにはさまざまな情報が氾濫していますが、その信用性を確認することもあなた自身の責任です。インターネット上にある情報のすべてを鵜呑みにすることはとても危険です。この記事も専門書、医療従事者への取材や医薬品製造会社など信憑性が高いサイトを調べて書かれているものです。しかしそのようなプロセスを飛ばして、適当に書いている記事がないとも限りませんよね。


薬の説明書がつかない、説明書があっても内容を理解できないなまま薬を服用することはとても危険なことだと覚えておきましょう。


特に気をつけるべき有効成分の量

日本で認められているED治療薬の有効成分最大量は以下の通りで、これも薬の説明書(添付文書)にどのような臨床試験で薬の有効性を確認したのかとともに書かれています。

  • バイアグラ:50mg
  • レビトラ:20mg
  • シアリス:20mg

この量を超える薬を個人輸入することは出来ますが、日本で臨床試験が行われていない=日本人に適した有効成分量だと認められていない、そもそも試験すら行われていない可能性もある薬を入手して服用することはとても危険なことです。


ED治療薬の個人輸入〜デメリットまとめ

  • 偽物を買わされる可能性がある
  • 素人には偽物と本物の識別は困難〜成分分析出なければ本物と断定できない
  • 万が一の副作用で被害を受けても救済制度は適用されない
  • 気づかない間に違法行為に及んでしまう可能性がある
  • 薬の説明書がつかないので飲みすぎたり誤った服用の仕方をしたりする可能性がある〜薬の効きすぎで命の危険性も否定できない

  

評判が良い個人輸入代行サイトオススメTOP3

 ED治療薬の扱いに慣れてきたからジェネリックや個人輸入代行サイトを利用して薬を手に入れようと考える方に向けて、評判が良い個人輸入代行サイトを3つご紹介します。評判が良いとはいえ、個人輸入による薬の購入や服用は自己責任です。この記事に書かれているメリットやデメリット、その他皆さんの事情を考慮してから利用して下さい。

特にED治療薬をこれから手に入れようとしている方は、この記事の最後に書かれている「絶対に安全な方法は病院で処方してもらうこと」を必ず読んで下さいね。

 アイドラッグストアー

アイドラッグストアーが優れている点は「国内事業者で唯一厚生労働省の指導に従っている」ことです。あまり知られていないのですが、個人輸入代行サイトの多くは事業者は海外だったり、ひどいところになると所在地不明だったりします。万が一のトラブルが発生した時、輸入代行業者が海外だったらどうしましょう?トラブルの解決にも時間がかかることは容易に想像できますよね!

アイドラッグストアーはそのような怪しい点はすべてクリアしており、厚生労働省の指導に従って事業を行っている唯一の国内個人輸入代行サイトだそうです。

なお、このように信頼できそうなアイドラッグストアーだからこそ?でしょうか・・・。なんと!アイドラッグストアーの偽サイトがいくつも見つかったようで、アイドラッグストアーから注意喚起文が提供されています。アイドラッグストアーは株式会社オズ・インターナショナルによって運営されているそうですが、信頼性が高い・評判が良いことから偽サイトが作られているようです。

アイドラッグストアーの本物のURLは「https://www.idrugstore.jp」です。

またアイドラッグストアーを運営する株式会社オズ・インターナショナルから出されている注意喚起文はこちらのURLで見ることが出来ます

注意喚起文のURL「https://www.ozinter.com/important-news-1」


アイドラッグストアー(本物)


アイドラッグストアー運営会社からの注意喚起文


その他、アイドラッグストアーの特徴として

  • 輸入代行する薬を国内の試験事業者にて試験して品質を定期的にチェックしている
  • 医薬品販売ライセンスを持つ事業者から輸入している
  • 日本法人のため電話サポートや問い合わせフォームからのサポートにも迅速かつ丁寧に対応している

ことがうたわれています。

いつもご愛顧を感謝致します。 アイドラッグストアーは:
厚生労働省の指導に従って運営している唯一の国内事業者であり安心してご使用になれます。
他の海外事業者は住所不明、国内のダミー会社に振り込ませるなど違法でお客様に危険をおよぼしかねない運営をしています。
国内の試験検査機関にかけ合格したものだけを輸入代行しています。
アイドラッグストアーは輸入代行する医薬品を定期的に試験検査機関にかけ 合格したものだけをお取扱いしています。
海外の医薬品販売ライセンスを持つ薬局から調達しています。
ファイザー社の調査ではインターネットでの 偽薬は60%を占めているそうです。 弊社は純正医薬品、及びインド・タイの一流のジェネリック医薬品だけを輸入代行しています。中国産の医薬品はまったく扱っていませんのでご安心ください。※麻薬および向精神薬に関する国際条約に基づき、日本の「麻薬及び向精神薬取締法」、「大麻取締法」、「あへん法」、「覚せい剤取締法」にふれる医薬品はお取り扱いいたしません。
絶え間ない努力: アイドラッグストアーは絶え間ない努力によってお客様の満足を追求しています。
0570-05-1193またはメールにてご遠慮なく、お問い合わせください。
アイドラッグストアー

Source: アイドラッグストアー

最後に、アイドラッグストアーからED治療薬を購入した方の信頼できる口コミや評判などは見つけることが出来ませんでした。アイドラッグストアーは以前、個人情報流出事件を起こして指導を受けたことがあります。しかしこれをきっかけにさらに法律をきちんと守ること​(法令遵守)や品質管理を強化しているようです。国内事業者でありサポートなどもしっかり受け入れてくれる点などから評判の良さではピカイチだと考えました!

 オオサカ堂

オオサカ堂は医薬品の個人輸入代行業者として20年以上の実績がある点がポイントです。日本から利用できる個人輸入代行サイトとしてはアイドラッグストアーとならぶ大手業者と呼べるでしょう。実績はすぐに作れませんよね。きちんとした仕事、お客様からの支持があってこその実績です。

Twitterを調べてみると、オオサカ堂で実際に購入してみたという方もいらっしゃいました。もっと詳細な感想や口コミを探しましたが信頼出来るものが少ないのですが、個人輸入代行サイト20年の実績は評価できると考えます。また事業者所在地は香港ですが、発送は迅速で最短3日で届くそうです。

肝心のサポート体制ですが、基本的に問い合わせフォームからの対応となり、カスタマーサービスダイヤルは国際電話で外部業者に委託しているようです。どの程度の問い合わせが可能かは分かりませんが、電話による問い合わせは国際電話料金がかかることと外部業者への委託だという点は覚えておきましょう。

 お薬なび

お薬ナビはオオサカ堂と同じ香港の事業者が提供する個人輸入代行サイトです。2017年初頭、日本の法律に準拠してないのではないかという指摘を受けたことがあり、個人輸入代行サイトの利用者の間で少し話題になりました。しかしお薬ナビはこの指摘に従って、法律をしっかり守るためにサービスを停止して事業内容を見直ししたようです。どんな指摘がされたのか、その詳細は筆者では調べても分かりませんでしたが、海外事業者のため厚生労働省の指導内容に対応が追いつかなかったのではないかと推測します。

指導を受けたというとネガティブなイメージがつきまといますが、サービスを停止して見直した点は、法令遵守の姿勢として評価できると思います。今後はそのようなことがないようにして欲しいですね。



実際にお薬ナビで薬の個人輸入をした方がTwitterで写真や感想を書かれていました。確かに言うとおり、箱にも入ってない薬が届くのは不安になりますね。筆者だったら怖くて服用できないかもしれません。しかしその一方、薬の見た目が怪しくてもちゃんと効いたという口コミもありました。なお、お薬を発送するのは「個人輸入代行サイトではありません」。あくまでも個人と海外の薬の販売者を仲介するだけで、海外の医薬品販売事業者が梱包して私たちに直接届けられます。箱がないから輸入代行の手続きがおかしいとは言い切れないでしょう。もちろん箱に入った状態で見た目から正規品の薬だと分かるようにして発送してもらえるのが理想ですので、初めて個人輸入代行サイトを利用する方は国内事業者のアイドラッグストアーなどを利用するのが無難かなと思います。また個人輸入代行サイト経由で薬を購入した場合は、上にも書いたように薬の説明書は基本的にはついていません。もし説明書があったとしても、メーカーが発行した物で海外向け医薬品ですから英語もしくは現地語で書かれていると思われます。

また問い合わせサポートはホームページの問い合わせフォームからだけの対応のようです。電話による商品注文ができますが、それ以外の問い合わせには電話では対応していないそうですので、電話サポートを受けたい方には不向きなサイトと考えます。


評判が良い個人輸入代行サイトの特徴まとめ

  • アイドラッグストアーは国内事業者で唯一厚生労働省の指導に従っている
  • アイドラッグストアーは偽サイトを作られていることがあるので注意
  • オオサカ堂は香港の事業者が運営しているが20年の実績がある
  • お薬ナビは電話注文が可能なため急いでいる時に便利

【重要】代行サイト選びのポイント

 ED治療薬の個人輸入代行サイト。メリットやデメリットを熟知した上で利用する前に、どの代行サイトを選ぶかはとても重要です。日常生活でも、どの薬にするのか、どの病院に行くのかなど重い病気の時は慎重に検討することがありますよね。医師の診察や処方なしで薬をゲットするわけですから、代行サイト選びはできる限り安全確実な薬を手に入れるためにはとても重要なこと。ぜひこれらのポイントを押さえて、参考にして下さいね!

 販売実績

とても大切なことは輸入代行サイトの販売実績です。実績があることは、偽物ではない本物の薬、配送事故が少ない、支払トラブルや遅延が少ないからこそ実績を積めていると考えても良いでしょう。実際、個人輸入代行サイトで評判が良いところは、販売実績が大きいことを強調しているところがたくさんあります。

ただし、その販売実績が真実かどうかは利用者である皆さんが判断しなければいけません。販売実績に嘘を書くこともできるので、実績以外にも以下の項目をチェックしておきましょう。

 サポート体制

個人輸入代行サイトが「自分の商売には自信がある!」なら、サポート体制は万全に整っているはずです。お客様のことを考えてカタログ通りの商品を安全確実に届ける、あるいは万が一の配送事故や支払トラブルにも迅速に対応できるからこそ、サポート体制が整っていますよね。

もし不安であれば購入前にサポート体制が整っているのか、実際に問い合わせてみることをおすすめします。購入方法やどうやって薬が正規のジェネリック医薬品なのか確認しているのかなど、きちんとした個人輸入代行サイトであれば教えてくれるでしょう。

逆に言うと、サポート体制が万全ではないサイトは自分たちの商売に自信がない、あるいはサポート出来るだけの知識や経験がないことの裏付けとも考えられます。

「サポートとは困った時にだけ利用するものではなく」、「購入に関する相談や不安を解消するため」にも利用できることを覚えておきましょう。

 クレジット決済の有無

 英語でクレジット=creditとは「信用」という意味を含んでいます。クレジット決済に対応するためにはクレジットカード会社が「この会社でカードを利用してもらっても大丈夫」と審査を受ける必要があるんです。クレジット決済があるかどうかはその個人輸入代行サイトが信用できるサイトかどうかを判断するための指標となります。

ただし現在はクレジット決済を代行するサイトや企業もあるため、クレジット決済があるからといってすべて信用できるとは限りません。あくまでもひとつの指標としてとらえておきましょう。

 口コミ・評価

 口コミや評価は輸入代行サイト選びではぜひ参考にしたいところですよね。ただ薬の個人輸入自体があまり知られていないことや使っていても人に言いづらい(ED治療薬や抗うつ剤、睡眠薬、ダイエットサプリなどこっそり使いたい、医師に相談しづらいもの)こともあり、口コミや評価はインターネット上ではあまり見つけられませんでした。

アイドラッグストアーでは「お客様の評価」というページで顧客から寄せられた感想を掲載しています。このような評価を参考にしたり、もし身近な人で個人輸入代行サイトを利用している人がいれば、直接尋ねてみる、相談してみることをおすすめします。

ともかく大切なことは、客観的な口コミを重視することです。インターネットに掲載されている口コミを安易に信用してしまうと、ひょっとしたらステルスマーケティングや自演の口コミに引っかかる可能性もあるので注意しましょう!

 価格

 同じ薬でも個人輸入代行サイトによって価格はさまざまです。特に注意したいのは安すぎる価格。偽物だからこそ設定できる安い値段の可能性もありますよね。またメーカー保証のついた正規品を個人輸入代行する場合は、代行の手間や成分分析による安全性の証明などさまざまなコストがかかるはずです。このようなコストも薬の販売価格に影響するので、安いからという理由で個人輸入代行サイトを決めることはおすすめできません


ダイちゃん
結局、個人輸入代行サイトの利用は自己責任なんだ。出来るだけ客観的な評価で代行サイトを選んで欲しい。ほんの少しでも心配があるなら、次に書いているとおり信頼できる病院から処方してもらうのが一番だぞ!

 一番安全な方法は病院で処方してもらうこと

ED治療薬が欲しい!だけど安全に薬を手に入れるにはどうしたらいいの?!と迷う方は病院で処方してもらうことを強くおすすめします。病院であれば、正規メーカー品を必ず手に入れることが出来るはずです。海外のジェネリック医薬品​でなければならない理由がない限り、病院で処方してもらいましょう。恥ずかしいという気持ちや時間がなくて忙しいという事情も分かりますが、薬は本来医師の診断の元で必要と判断されるから処方される物です。薬の個人輸入も本来の目的は、海外で病気の診断をされて薬を処方されているにもかかわらず、日本に滞在しているため薬が手に入らない人のために認められている制度ですからね。

病院で処方してもらうことのメリットとデメリットをもう一度確認しておきましょう。

 処方のメリット

 処方のメリットは言うまでもなく、医師の診断の元で薬を手に入れられることです。またED治療薬にはバイアグラ・シアリス・レビトラと3種類ありますが、それぞれ有効成分の量が違う薬が用意されています。あなたのEDの状態やライフスタイル、パートナーとの関係性などを医師に正直に説明できれば最適な薬を手に入れられるはずです。

また薬の効きが良くない、副作用を感じた時もすぐに医師に相談することが出来ることも大きなメリットです。薬の変更や飲み方のアドバイス、また副作用を和らげる方法などは医師に尋ねるのが一番!ぜひ病院を利用することをお勧めします。

 処方のデメリット

医師によってはED治療薬にあまり詳しくない可能性もあります。医師自身が治療薬を使ったことがない、あるいはED治療に力を入れてない場合は診察や診断結果に不満が残ることも考えられるでしょう。その場合は病院を選び直す、あるいは事前に病院の口コミなどを調べて訪問することでこのデメリットは回避できそうです。また上に書いたことと重なりますが、病院の診察を受けるため忙しくて時間がない方や薬が手元からなくなりそうなのに処方してもらうための時間がない!となる可能性もあるので、薬の利用や処方にはある程度計画性を持たせたほうが良いでしょう。

ダイちゃん
病院でED治療薬を処方してもらうにしても、メリットとデメリットがある。ただデメリットといっても「EDという病気の治療」なんだから、忙しいとか時間がない、めんどくさいなんていう理由で処方を避けるのはおすすめできないね。

 病院でも偽物の可能性もある

ED治療薬を安全に入手して服用するには病院で処方してもらうことが一番です。しかしながら、病院でも偽物の薬である可能性は否定できません。例えば、院内処方の薬を医師が輸入代行サイトで入手している可能性など、排除できない懸念もありますよね。残念ながらそのような悪質な病院はないとは言えないようです。そのため薬に慣れるまで、あるいは病院を信頼できるようになるまではジェネリックではなく、国内で流通している正規品を処方してもらえる病院を選ぶことが無難だと思います。 

さとみ
悪質な病院があるなんて・・・がっかりだわ・・・。

ダイちゃん
悪質な病院ってのはほんの一部だろう。ほとんどすべてのお医者さんは俺たちのために真摯に対応してくれるはずだ!だけどED治療を恥ずかしいと思う人の気持ちや薬の値段が高いという気持ちにつけ込む奴らもいるから、注意しておくことは大切だぞ!

 安全な病院選びのポイント

病院で偽物の薬を処方されてしまうことがないように、安全な病院を選ぶことが安全なED治療薬を手に入れるための第一歩です。最近ではED治療薬を扱う病院も増えてきましたので、信頼できるかかりつけ医に相談してみるのも良いでしょう。さらにED治療を専門分野のひとつとして扱う病院には正規メーカーから感謝状などが贈られることがあるそうです。このような感謝状がある病院は信頼できると考えて良さそうですね。ただし、通常のかかりつけ医のような病院には感謝状の掲示はほとんどされていないようです。感謝状の掲示がないからといって安全ではないと決めつけることは出来ません。

また他にも気をつけるべきポイントがあります。


病院検索サイトに掲載されている病院を選ぶ

バイアグラ・レビトラ・シアリスを販売するメーカー(ファイザー社、バイエル薬品、日本新薬など)は、正規品を処方している病院検索が出来るサイトを運営しています。このような検索サイトに掲載されている病院は安全な病院と考えてよさそうですね。


ED-info.net

EDネットクリニック

EDネットクリニック.com

院長の経歴など、責任の所在が明確な病院を選ぶ

病院には何かあった時に責任をとる「管理者」がいます。通常管理者=院長ですから、ホームページなどで院長の指名や経歴がきちんと書かれている病院を選ぶことも大切です。特にED治療の場合は男性専門のED治療専門病院を利用することがあると思います。このような病院に行き慣れている方は少ないでしょうから、病院選びの時は院長がちゃんといるかどうかなどもきちんと確認しておきましょう。

もし院長を紹介できないのであれば、書類上だけ院長として登録して実際の処方は管理者ではない医師だけで運営されている可能性も否定できません。また管理者はひとつの病院(施設)に1人必要ですので、グループで展開しているED治療専門病院の場合、施設の数だけ院長がいるはずです。すべての施設の管理者(院長)が紹介されているかどうかも、安全な病院選びの指標になりますよ。

病院でED治療薬を処方してもらうためのポイントまとめ

  • まずはメリットデメリットを比較しよう
  • ほとんどの人はメリットがデメリットを上回ることと考えよう
  • 悪質な病院もあるからED治療薬メーカーの病院検索サイトを活用しよう
  • 管理者(院長)の紹介がある病院を選ぶことも大切!

 初心者は絶対病院で購入しよう

 ED治療薬をゲットするために病院に行きたい、でも恥ずかしい・・・。そんな気持ちで個人輸入代行サイトを使うことは絶対におすすめできません。初心者は必ず医師の診断や必要な薬と有効成分の量を診察で確認してもらいましょう。個人輸入代行サイトは手軽に利用できる反面、有効成分や薬の種類を自分の感覚だけで選べてしまいます。これはメリットとも言えますが、健康や命に関わることを考えると初心者がED治療薬を個人輸入することにはまったく賛成できません。EDは治療の対象です。初心者は特に病院で処方してもらうようにしましょう。また悪質な病院もあるため、病院選びからしっかり行うことが大切です!

ダイちゃん
ちょっとでも疑問があれば医師に相談してくれ。相談できる医師や薬剤師がいるからこそ、不安なくED治療薬を使える。これが一番大切なことだぞ!
さとみ
診察の時も、少しでも怪しいとか説明が不十分、曖昧だと感じたら処方を断ることも大切よ!本当にED治療薬が必要かどうか、どんな薬が会っているかを真面目に答えてくれるお医者さん以外は信用しないでね!みんながEDの悩みから解放されて、パートナーと絆が深まるセックスが出来るように祈ってるからね!