媚薬の意味は?女性への効果から副作用まで大公開

媚薬の意味は?女性への効果から副作用まで大公開

MENO83IN.jpg

女性を淫乱にするのが媚薬の意味だと思っていませんか?AVでも使われることから、一度は試してみたいと思っている人もいますが、AVのように女性を淫乱にできないばかりか、成分によっては、命を危険にさらすほどの副作用が起こることもあるんです!

シェアする

女性用の媚薬って効くの?

媚薬を使ったAVで、感じまくっている女性を見ると、媚薬を使ったセックスに興味が湧くもの。

でも、そもそも本当に媚薬には、AVに見るような効果があるものなのでしょうか?

ひと言で「媚薬」と言っても、どんなものなのか分かっていない人も多いはず。
分からないまま安易に媚薬を使ってしまうと、最悪の場合、命まで落としてしまうかもしれませんよ。

ダイちゃん
俺も今までたくさんの媚薬を試してきたし、いまだに諦められない気持ちもあるから、みんなが媚薬に興味を持つ気持ちは、よく理解できるぜ。でも、媚薬の中には、効く効かない以前に、危険なものもあるから、媚薬についての正しい知識をつけておく必要があるんだ!
  • 試した媚薬の数⇒約50種類
  • 効果があった媚薬の数⇒6種類
ここでは、媚薬とはどんなものなので、どんな効果が期待できるのかなど、安全面にも目を向けながら、じっくりと解説していきます。

パートナーとのセックスに、本当に媚薬が必要なのかよく考えながら読んでみてください。

媚薬とは

「媚薬」とは、性的な興奮を高める薬のことで、恋愛感情を抱かせる効果もあることから、「惚れ薬」と呼ばれることもあります。

媚薬の歴史にも触れながら、もう少し詳しく見ていきましょう。

媚薬の歴史

「媚薬」と聞くと、なんとなく魔女をイメージする人が多いのではないでしょうか。
そのイメージどおり、かつては魔女やシャーマンなどと呼ばれる人々によって、惚れ薬として使われていたと言われています。
その歴史は想像以上に古く、ローマ時代にまで遡り、当時は広く一般的に使われていたと言いますが、12世紀ごろ、その効果に疑問を抱いた当時の支配者によって使用が禁止されました。
破った者には、厳罰が課されたにも関わらず、使う人が後を絶たなかったと言われることからも、媚薬の人気がうかがえます。

undefined
ダイちゃん
昔も今も、人間が考えていることは同じなんだな。

栄養問題が深刻だった太古の時代においては、栄養価が高く、精力がつく食品すべてが「媚薬」とされていましたが、その後、ハーブや漢方、麻薬、動物の血液・内臓・生殖器といったものが媚薬の原料として使われていたそうです。

媚薬の分類は4つ

媚薬は、大きく4つに分類できます。

催淫剤

漫画や小説などのフィクションの世界にも登場する催淫剤は、性別を問わず、性的欲求や快感を高める薬です。

勃起を促す作用があることから、精力減退の治療に使われます。

刺激性物質

大量に摂取することで、毒となるものが刺激性物質です。
注射または口から摂取することで、尿内に残った成分が尿路から性器を刺激します。

性ホルモン剤

性ホルモン剤の中には、性器の発達を促す作用を持つものがあります。これが、性欲を高める効果があると言われています。
男性の場合は「アンドロゲン」、女性の場合は「エストロゲン」といったホルモン剤がこれにあたります。

民間の伝承薬

口伝えや伝承、経験則などによって、媚薬効果があると言われる生薬や漢方のことです。
主に、興奮作用や性器の成長、性器への血流を改善する効果がある「鹿の角」や「鹿茸(ろくじょう)」、「附子(ぶし)」などの成分が使われています。

媚薬とされる食品

媚薬とされる食品と言えば、精力をアップさせるスッポンや朝鮮人参をイメージする人が多いのではないでしょうか。

でも、実は私たちの身近なところにも、媚薬とされる食品がたくさんあるのです。
どんなものが媚薬とされているのか、代表的なものを見ていきましょう。

  • アボカド
  • バナナ
  • いちじく
  • りんご
  • ザクロ
  • スイカ
  • とうがらし
  • はちみつ
  • 牡蠣
  • ナマコ
  • ルッコラ
  • サフラン
  • 松の実
  • ニンニク
  • コーヒー
  • チョコレート

媚薬とされる食品に共通するのは、血流を改善する効果や性ホルモンを生成するのに必要な栄養素が含まれていること。
媚薬を使うのは躊躇うけれど、媚薬を試してみたい気持ちがある人は、媚薬とされる食品で血流をアップさせてみるのも良いかもしれませんね。

媚薬の効果や使われる成分

媚薬の歴史に触れたところで、ここからは、媚薬の効果に迫っていきましょう。

undefined
ダイちゃん
媚薬を使ってみたい人にとって、関心があることと言えば、媚薬の効果と安全性だよな!俺もいろいろな媚薬を試してきたけれど、実際には、みんなが想像しているような効果は期待できないんだ。じゃぁ、どんな効果があるのか気になるよな。それを今から紹介していくぜ。

媚薬は女性を淫乱にはできない

媚薬を使ったアダルトビデオを見ると、媚薬には女性を淫乱にする効果があるように思えますが、残念ながら、媚薬で女性を淫乱にすることはできません

アダルトビデオで、女性が淫乱になったり、イキっぱなしになったりしているように見えるのは、あくまで「演出」なのです。
インターネットや誌面など、媚薬の通販で目にする「ヤバいくらい効く!」「イキっぱなし」「淫乱になる!」などの表現は、すべて誇大広告!騙されないように注意しましょう。
とは言え、媚薬にはなんの効果もないのかと言えば、そういうわけでもありません。
媚薬には、次のような効果が期待できます。

性欲向上

媚薬には、性欲を増進させる「催淫作用」があります。これにより、男性の場合は勃起不全の改善、女性の場合は、不感症の改善効果が期待できます。
さらに、「発情作用」によって、女性ホルモンの分泌が促されるため、性欲が高まる効果が期待できます。

血流アップで濡れやすくする

媚薬には、血流をアップさせる効果も期待できます。
性器の血流が良くなると、陰部が熱くなって、膣分泌物の量が増えるため、濡れやすくなります。

気分の高揚

媚薬には、気分を高揚させる効果もあります。
心臓の鼓動が早くなったり、体温が上昇して、汗ばんできたりするため、気分が高まり、結果として性欲の向上につながります。

プラシーボ効果

媚薬を使うことで得られる効果のほとんどが、プラシーボ効果です。
プラシーボ効果とは、一種の暗示のようなもので、偽りの薬を「症状が改善する薬」だと信じ込むことによって、偽りの薬を飲んで症状が改善することを言います。
つまり、「媚薬を使っている」という認識によって、なんらかの媚薬効果が体に現れるということです。
この場合、心臓がドキドキする、陰部が熱くなる、いつも以上に濡れるなどといった、実際の媚薬効果以上の症状が現れることもあります。

安全な成分

媚薬は、さまざまな成分で作られています。
まずは、安全だと言われている主な成分をチェックしていきましょう。

トンカットアリ

トンカットアリ」とは、マレーシアやインドシナ半島などで栽培されているハーブの一種で、古くからトンカットアリの根を煎じたものが男性の性欲増進剤や強壮剤として利用されてきました。
トンカットアリには、男性ホルモン「テストステロン」の分泌を促す効果があるため、主に男性向けのサプリメントなどに使われている成分です。

undefined
ダイちゃん
ちなみに、女性が摂取すると、女性ホルモンの分泌が促される、血流が改善するといった効果が期待できるんだ。でも、残念ながら、性欲がアップするという効果は、ほとんど期待できないみたいだぜ。

マカ

ペルー原産の「マカ」は、ハーブの一種で、古くから性欲や精力アップとして活用されてきました。
ホルモンの分泌を促す「亜鉛」と血管を広げる働きを持つ「アルギニン」が豊富に含まれているので、性欲アップ効果が期待できます。

シトルリン

シトルリン」は、スイカから発見されたアミノ酸の一種で、体内の一酸化窒素を増やすことで、血管を広げる働きがあります。これによって、血流が改善するため、勃起力が高まる、感じやすくなるといった効果が期待できます。

アルギニン

アルギニン」は、マメ科の植物から発見されたアミノ酸です。シトルリンと同じように、一酸化窒素の生成をサポートして、血流を改善させるので、性機能の改善や敏感になるなどの効果が期待できます。

エストロゲン

エストロゲン」は、「卵胞ホルモン」とも呼ばれる女性らしい体を作るのに必要な女性ホルモンです。
一般的にエストロゲンの分泌量が増える排卵日直前は、女性の性欲が高まると言われているので、「エストロゲン」を摂取することで、女性の性欲を高める効果が期待できます。

ガラナ

ガラナ」は、ブラジル原産の植物で、疲労回復やスタミナ増強、滋養強壮効果があるとして、古くから薬の材料として利用されてきました。
カフェインやサポニンが含まれているので、交感神経が刺激され、血流がアップして、感じやすくなる、精力がアップするなどの効果が期待できます。

危険な成分

媚薬に使われている成分は、そのすべてが安全であるとは言えません。

特に、海外製品の中には、次のような危険な成分が含まれているものも多いのです。

ヨヒンビン

ヨヒンビン」は、ヨヒンベと呼ばれる植物に含まれる成分で、原産地である南アフリカでは、自然界の中でもっとも高い精力成分を持つと言われています。
実際に、勃起をサポートする効果があるため、勃起不全効果が期待できますが、

  • 手足のしびれ
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 嘔吐
  • 発疹
  • 不安感
  • 動悸
  • めまい
  • 血圧上昇虚脱感

といった副作用が強く現れるため、日本では、劇薬指定されている成分です。

スパニッシュ

スパニッシュ」には、「スパニッシュ蝿」と呼ばれる昆虫が持つ「カンタリジン」という成分が含まれています。体内に入った「カンタリジン」を排泄する際に、尿道の血管が広がり、充血します。これが、性的な興奮とよく似ているため、古くから催淫剤として利用されてきました。
でも、この「カンタリジン」には、わずか30mgほどで死に至ると言われるほど強い毒素が含まれており、めまいや嘔吐、発疹などの副作用が現れることがあるため、日本では劇薬指定されています。

undefined
ダイちゃん
これらは、使い方を間違えると、命を落とすこともあるほど、危険な成分なんだ!でも、海外では、使用を禁止していない国もあるから、海外製品に含まれていることが多い。海外製品は、気軽に手を出さずに、成分をしっかりチェックすると安心だぜ!

媚薬は飲む・塗る・香水の3タイプ

媚薬には、次の3つのタイプがあります。

  • 飲むタイプ
  • 塗るタイプ
  • 香水タイプ

タイプによって効果的なシチュエーションが異なるので、媚薬を最大限に活用するためにもそれぞれの使い方や特徴をチェックしていきましょう。

undefined
ダイちゃん
種類ごとに、安全性の高い媚薬も紹介していくから、参考にしてみてくれよな!

飲むタイプ

「媚薬」と聞くと、怪しい瓶に入った液体を想像してしまう人が多いのではないでしょうか。

まずは、飲むタイプの媚薬から見ていきましょう。

特徴

飲むタイプの媚薬は、薬と同じように、液体や錠剤、粉剤といった形状をしています。

  • 血流をアップさせる
  • 性ホルモンの分泌を促す

などの効果を持つ「生薬」が配合されているものが多いのが大きな特徴です。

即効性がありそうなイメージもありますが、生薬なので、効き目が表れるまでに時間がかかってしまいます

媚薬によっても異なりますが、セックスを始める数時間前から30分以上前までに飲むと良いでしょう。

効果

男性の場合は、勃起力を高める、女性の場合は、濡れやすくなるなど、男女問わず、服用することで性欲がアップする効果が期待できます。

使い方

水やぬるま湯などと一緒に服用します。
液体の場合は、コーヒーやジュース、アルコールなどに混ぜて飲むこともできます。

飲む媚薬「エロチックエクスタシー」

\飲み物に混ぜるだけ!手軽で使いやすい!/

Source: あかひげ薬局

エロチックエクスタシー

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93点
  • 価格:16,200円
  • 内容量:20ml
  • 保証・特典:-
  • メーカー:あかひげ薬局

主成分は、元気の源となる「ガラナ」と女性ホルモンの分泌を促す「アンジェリカ」。どちらも植物由来の成分なので、安全性があると言えるでしょう。
「エロチックエクスタシー」は、アルコールに混ぜても良い媚薬で、男女問わず使用することができます。

あかひげ薬局で見てみる

塗るタイプ

塗るタイプは、女性の性感帯に直接塗ることで効果を発揮する媚薬です。

特徴

即効性があるため、セックスの本番中に使うのが効果的です。

効果

塗るタイプの媚薬の多くには、血行を促す働きや基礎体温をアップさせる働きを持つ成分が使われているため、性感帯に直接塗ることで、感覚を敏感にする効果が期待できます。

使い方

適量を女性の性器に直接塗り込み、強弱をつけたマッサージをするように、ゆっくりと愛撫します。
性感帯は、人によって異なるので、パートナーの性感帯を把握した上で使うと効果的です。

塗る媚薬「濡花魁」

\性感帯に直接塗るだけ!/

Source: 公式サイト

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合71点
  • 価格:2,980円(税別)
  • 内容量:6g
  • 保証・特典:3個セット8,940円、5個セット14,900円
  • メーカー:株式会社ファーストラボ

血行を促す「カンフル」や「メントール」、興奮作用を持つ「カフェイン」など、自然由来の成分が配合された塗るタイプの媚薬です。
女性に対する作用が期待できるだけでなく、「オスモフェリン」と呼ばれるフェロモン成分が含まれているので、男性ホルモンのひとつ「テストステロン」の分泌量が増え、男性側の気持ちが昂る効果も期待できます。

公式サイトを見てみる

香水タイプ

香水と同じように、自分にシュッと吹きかける媚薬です。

特徴

媚薬としての効果は、飲むタイプや塗るタイプよりも低め。即効性も期待できませんが、副作用の心配が少なく、香水と同じように自分に吹きかけるだけなので、気軽に場所を選ばずに使えることが特徴です。

効果

香水タイプの多くには、フェロモンが含まれているので、本来持っている自分の性フェロモンを強化することができます。
また、女性が香りを嗅ぐことで、
女性ホルモンの分泌が促される

  • 気分がリラックスする
  • 気分が高揚する

といった効果が期待できます。

使い方

香水と同じように、手首や首筋など、体温が高めの場所に吹きかけて使うこともできますが、自身の性フェロモンを強化したい場合には、脇の下に吹きかけると良いでしょう。

undefined
ダイちゃん
性フェロモンが分泌されているのは、脇の下だと言われているんだぜ!

香水媚薬「ラブアトラクション」

\ひと吹きで本能を刺激する!/

Source: 公式サイト

ラブアトラクション

  • 編集部評価:★★★☆☆ 総合78点
  • 価格:3,980円
  • 内容量:10ml
  • 保証・特典:無香料のほかにイランイラン、ムスクなどさまざまな香りがある
  • メーカー:株式会社プロスティ
「ラブアトラクション」は、ヒトフェロモンが配合された、香水タイプの媚薬です。

人は、異性のフェロモンを感じると、安心したりリラックスしたりします。その結果、行動力が高まり大胆になる、自らのフェロモンが活発になり、異性を惹きつけるなどの効果が期待できます。
「ラブアトラクション」には、男性フェロモンだけでなく、女性フェロモンが配合されているので、これらの効果が男女ともに期待できるのが特徴です。

公式サイトを見てみる

媚薬の副作用・安全性

媚薬を使う場合、その効果にばかり目が向いてしまいがちですが、それよりも重視したいのが安全性です。

なぜなら、成分によっては、命をおびやかすほどの強い副作用が現れることがあるから。
ここでは、媚薬の安全性にスポットを当てていきましょう。

成分によっては強い副作用が出る

媚薬の中には、医薬品成分が含まれているものがあります。

基本的には、人体への使用が認められているものですが、副作用のない医薬品成分はありません。体内に入った薬は、効果だけでなく、副作用が起こる可能性も秘めているのです。
媚薬品に含まれる医薬品成分も例外ではありません。製造国がどこであろうと、生薬であろうと同じです。
個人差もありますが、媚薬の場合、医薬品成分が含まれていると、次のような副作用が強く現れることがあります。

起こり得る副作用

  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 発汗
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 神経過敏
  • 視覚障害
  • 血圧異常

これらの症状は、快楽を追求するあまり、過剰な使用をした場合に現れることが多いのですが、体質や体調によっては、用法用量を守っていても、何らかの副作用が現れる可能性があることを覚えておきましょう。

海外製品は買わないで

日本製の媚薬は、「薬機法」(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)によって、安全性が認められた成分だけが使われているため、副作用の可能性は否定できませんが、比較的安心して使うことができます。
とは言え、思ったような効果が得られないことから、海外製品に注目が集まりがち。
でも、日本と海外とでは、使用が認められている薬品が異なるため、薬機法では許可されていない成分や劇薬に指定されている成分、許可されている成分でも許容範囲を大幅に超えた量が含まれているものが多いのです。
法律的に見れば、個人輸入した海外製の媚薬を自分が使うのであれば、違法にはなりませんが、危険がともなうようでは、どれだけ効果が高い媚薬でも安心とは言えません。
また、媚薬と称して麻薬や脱法ハーブが使われている危険性もあるため、海外製品の購入は絶対にやめましょう。

undefined
ダイちゃん
海外製品の場合、どんな成分が含まれているか分からないものも多いんだ。それだけで十分、安全な媚薬とは言えないよな。

死亡する危険さえある

前述のとおり、医薬成分が含まれている媚薬を使用すると、副作用が起こる可能性がありますが、含まれている成分や体調、体質によっては、死に至る危険性もあるのです。
海外だけでなく日本国内でも媚薬による死亡事故が実際に起きています。
そのひとつをご紹介しましょう。

事件は、2013年10月17日、大阪で起こりました。
快楽目的で知り合いの女性に「アロマリキッド」と呼ばれる媚薬をドリンクに混ぜて飲ませたところ、しばらくして、嘔吐や下痢などの体調不良をうったえます。
女性が、どんどん衰弱していくにも関わらず、驚いた男性は救急車を呼ぶことさえせずに、女性を放置して逃げました。
その後、女性は従業員によって、変わり果てた姿で発見されました。
この事件で使用された「アロマリキッド」は、のちに脱法ハーブの一種だったことが分かっています。

このように、「媚薬」として販売されているものの中には、危険な成分が含まれているものも多いのが現実です。

undefined
さとみ
こういうのを聞いちゃうと、媚薬って怖いものなんだなって思っちゃう。
undefined
ダイちゃん
そうだよな。まぁ、危険な成分が入っていないものを正しく使えば、そんなに怖いものじゃないんだけど、セックスを楽しむためのアイテムだからこそ、危険なものは避けたいよな!

お酒との併用は要注意

媚薬をできるだけ安全に使うためには、正しい使い方をすることが大切です。そこで注意したいのがアルコール。

少量のお酒なら良いのですが、泥酔状態に陥るほどたくさんのお酒を飲んだ女性に使うのは厳禁
風邪薬などの薬とアルコールを一緒に摂取すると、副作用が強く出たり、薬の効果がまったく得られなかったりしますが、媚薬も同じです。
副作用が強く出ると、最悪の場合、呼吸困難や意識障害など、命をおびやかすほど重篤な症状が現れることがあるので、お酒との併用には注意しましょう。

女性に内緒で…は絶対NG!

ネットの口コミや広告などで、「媚薬をこっそりと飲み物に混ぜて……」「女性に内緒で……」という話を目にすると、そのような使い方が当たり前だと思ってしまいがち。
でも、媚薬の中に、体質的に合わない成分が含まれていたり、体調が悪かったりすると、副作用が強く出てしまうことがあるのです。
媚薬は、お互いが合意の上で使うもの。男性側の満足のためだけに使うものではありません。
使うことを女性側にしっかり伝えることで、リスクを最小限にすることもできるだけでなく、プラシーボ効果で、実際の効果以上の効果が期待できることもあります。
そもそも女性に内緒で媚薬を使うことは、犯罪に近い行為!絶対にやめましょう。
また、女性に内緒で媚薬を使うことを煽っている商品もありますが、正しくない使い方を煽る時点で、無責任です。
何かあっても業者が責任を取ってくれるわけではありません。
商品そのものを信用することもできないので、正しくない使い方を煽る商品にも手を出さないようにしましょう。

undefined
さとみ
女の子に内緒で媚薬を使うとか、男としてどうなんだろう?さとみだったら、大切にされていないんだなって、悲しくなっちゃうな……。
undefined
ダイちゃん
確かにそうだよな。セックスは、一人で楽しむものじゃなくて、パートナーと二人で楽しむもの。女性に黙って媚薬を使って、仮に盛り上がっても、独りよがりのセックスになりかねないんだよな。

パートナーに無断で媚薬を使うことは、男として以前に、人として最低な行為です。

どうしても媚薬を使いたい場合には、必ず相手に許可をもらってから使いましょう。

頼るなら媚薬より精力剤!

媚薬の危険性を知っても、自分の精力に自信がなかったり、普段と違うセックスを楽しみたいと思っていたりすると、なかなか媚薬を諦められない人も少なくないのではないでしょうか。
そんな人には、媚薬ではなく、精力剤がおすすめです。

男を上げて女性を虜にして

媚薬や精力剤など、何かに頼る前に、まずは男を上げましょう
女性を媚薬でどうにかしようとしている時点で、自分の精力に自信がないことを証明しているようなもの。
確かに、付き合う上でセックスは欠かせない要素のひとつですが、男女の仲は、セックスだけでは語れません。
女性の性欲は、感情や気分に左右される部分も大きいので、女性の性欲を高めたいなら、自分の魅力をアップさせて、女性を虜にしてしまうのがもっとも確実です。
特定のパートナーがいると、自分磨きをやめてしまう人が多いものですが、女性を自分の虜にしておくには、自分磨きを怠ってはいけません。
肉体的な面だけでなく、精神的な面も含め、自分の魅力を高めていく努力を続けましょう。

2人で飲めばより効果的

同じ精力剤を2人で摂取すると、お互いの精力や性欲がアップして、相乗効果が生まれるので、精力剤を取り入れるなら、パートナーと2人で摂取することをおすすめします。
精力剤と言えば、男性が使うイメージが強いもの。女性と精力剤がつながらない人も多いのではないでしょうか。
でも、精力剤の中には、女性らしい体づくりに役立つ「アルギニン」、ホルモンバランスや肌の調子を整える「ビタミン」や「アミノ酸」など、女性にこそ摂取して欲しい栄養素がたくさん含まれているのです!
また、精力剤を飲んだことがない人は、安全面に不安を感じるものですが、精力剤は、医薬品とは異なるので、気になる副作用もほとんどありません
服用後、すぐに効果が出るとは限りませんが、飲み続けることで、安全に精力や性欲をアップすることができるので、おすすめですよ。

undefined
さとみ
美容効果まで期待できるなら、ダイちゃんと一緒に飲んでみるのも悪くないかな♪
undefined
ダイちゃん
さとみがそう言うなら試してみるか?相乗効果ってやつも気になるしな(笑)。それはさておき、大切なオンナに飲ませるものだから、副作用がほとんどないっていうのが嬉しいよな!

女性にも効果的なおすすめの精力剤

一般的な精力剤は、男性向け。これを女性が飲んでも、効果はほとんどありません。
医薬品として販売されている精力剤を服用してしまうと、効果は得られないのに副作用だけが現れるといったことが起こる可能性もあるので、男性用の精力剤を女性に飲ませるのはNG
パートナーの女性と一緒に精力剤を飲むなら、女性にも効果的なものを選びましょう
ここでは、女性にもおすすめしたい精力剤を3つご紹介します。

クラチャイダムゴールド

\たっぷりのパワフル系栄養素で「元気」をサポート!/

Source: 公式サイト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 価格:2箱8,400円(税別)
  • 1日あたりの値段:280円/2箱で60粒(30日分)
  • 保証・特典:14日間の全額返金保証、おまけつき
  • メーカー:日本サプリメントフーズ株式会社

クラチャイダムゴールドは、18種類ものアミノ酸がバランス良く配合されているショウガ科の植物「クラチャイダム」が主原料。

素材として広く知られている「マカ」の2倍以上の「アルギニン」が含まれているので、精力アップだけでなく、気力や持久力アップなどの効果も期待できます。

この「アルギニン」は、男性力の源としてだけでなく、血管のアンチエイジングや疲労回復にも役立つので、男女問わずおすすめの成分です。

さらに、

  • スタミナを維持する「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」
  • 疲労回復や貧血予防に役立つ「鉄分」
  • 体のサビを抑制して血液をサラサラにする「ポリフェノール」

など、女性に嬉しい成分もたっぷり含まれています。

原料を厳選しているのはもちろん、品質管理も徹底しているので、高品質のサプリメントを安心して服用できるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

公式サイトを見てみる

クラチャイダム王

\フニャフニャからギンギンへ!/

Source: 公式サイト

クラチャイダム王

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 価格:4,200円(税別)
  • 1日あたりの値段:140円/2箱で60粒(30日分)
  • 保証・特典:30日間の全額返金保証、精力アップのノウハウが詰まった小冊子つき
  • メーカー:株式会社ジャパン・メディカルケア

主原料は、精力アップに欠かせない「アルギニン」や運動力や持続力をアップさせる「BCAA」を豊富に含む「クラチャイダム」。これだけでも精力アップに高い効果が期待できますが、巡りを良くする「ポリメトキシフラボノイド」も含まれているので、スッキリボディにも役立ちます

さらに、ポリフェノールや13種類ものアミノ酸など、女性に嬉しい成分も含まれているので、女性の美容や健康の維持にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

マカ&クラチャイダム12000+

\マカとクラチャイダムを一気に摂取!/

Source: 公式サイト

マカ&クラチャイダム12000+

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合87点
  • 価格:990円(税別)
  • 1日あたりの値段:33円/60粒(30日分)
  • 保証・特典:定期コースに限り4回に1度プレゼントつき
  • メーカー:株式会社ECスタジオ

マカ&クラチャイダム12000+は、マカとクラチャイダムに含まれている「アルギニン」や「BCAA」を一度に摂取できるだけでなく、赤マムシやスッポン、トンカットアリなど、男性の元気に役立つ成分がギッシリ詰まっているので、高い精力アップ効果が期待できます。

さらに、1粒に5mgも含まれている「亜鉛」には、髪や肌のトラブルを改善する効果や抗酸化作用も期待できるので、キレイをキープしたい女性にもおすすめです。

公式サイトを見てみる

undefined
ダイちゃん
マカやクラチャイダムに含まれる「アルギニン」は、美肌効果や代謝アップ、バストアップといった女性に嬉しい効果も期待できるんだぜ!パートナーと一緒に摂取するなら、やっぱり「アルギニン」だよな!
undefined
さとみ
「アルギニン」で、ダイちゃんは、さとみのために精力アップ!さとみはダイちゃんのために、キレイをキープだね♪

媚薬の使用には注意が必要

たまには、いつもと違ったセックスを楽しみたいと思うことってありますよね。そのために、媚薬の使用を考えている人も少なくありませんが、媚薬には、医薬品成分が含まれているため、副作用のリスクがともないます。
特に、海外製品の中には、日本では使用が禁止されている薬品や脱法ハーブ、麻薬といった危険なものが含まれていることもあるので、媚薬の使用には注意が必要です。
そもそも、媚薬は女性を淫乱にすることはできません。
安心してセックスを楽しむためにも、媚薬ではなく、精力剤を取り入れてみてはいかがでしょうか。
2人で精力剤を服用することで、相乗効果も期待できますよ。
とにもかくにも、セックスは2人で楽しむもの。快楽も大切ですが、安心や安全にも目を向けることをお忘れなく。

TOP