亀頭が痛い…包茎のせい?それとも性病?今すぐできる対策を紹介

亀頭が痛い…包茎のせい?それとも性病?今すぐできる対策を紹介

wJRhZ3hO.jpg

亀頭が痛いと感じるときは、ペニスに何らかの異常が発生している可能性があります。完治させるためには原因や正しい対処法を理解するのが一番です。ぜひこの記事で亀頭が痛いと感じる症状への正しい知識を身に着け手遅れになる前に手を打つようにしましょう。

シェアする

亀頭が痛い!!もしかして性病かも?!

何をしたわけでもないのに突然亀頭に痛みを感じる時は、最悪の場合性病を発症させてしまっている可能性もあるのだそうです。

undefined
ダイちゃん
亀頭の痛みを放置しておくと、最悪の場合ペニスが使い物にならなくなってしまうかもしれないんだ!だから亀頭に痛みが出てきたら、すぐにどんな症状なのかチェックして、治療する必要があるんだそうだ!
  • リサーチした精力剤の数⇒35種類
  • リサーチしたクリニックの数⇒25ヶ所
  • リサーチした口コミの件数⇒58件
この記事ではそんな亀頭に痛みを与える症状とその見分け方、そして正しい治療法などを紹介しています。自分の症状に合った治療法で亀頭の痛みを治し、気持ちの良いセックスを行えるようにしてください。

痛みの原因は包茎?それとも性病?簡単な見極め方

一口に亀頭の痛みと言ってもその原因は様々あります。正しく治療するためには、何が原因なのか判断する必要がありますが、その見極め方は意外と簡単なのだそうです。

痛み、痒み、水ぶくれがある

亀頭から痛みを感じる以外に、痒みを感じたり、目に見えて水ぶくれがある場合、亀頭包皮炎という症状の可能性が非常に高いとされています。

基本的には幼少の頃に起きることが多いとされている亀頭包皮炎ですが、ペニスの衛生環境によっては、大人になっても発症することがあるため、大人だからあり得ないと思わずに、亀頭包皮炎の可能性があることも頭に入れておくようにしてください。

undefined
ダイちゃん
これから紹介する症状に関しても同じだが、これらの症状の原因や、痛みを軽減する方法については、次の項目でしっかり紹介しているぞ!
そっちも必ずチェックして、なぜその症状を発症させてしまったのか振り返ったり、発症しないように未然に防ぐのに役立ててくれよな☆

性器にイボができる

ペニスが痛いと感じて見てみたら、性器の周りに見慣れないイボができている、という場合は尖圭コンジローマという症状を発症しているかもしれません。

尖圭コンジローマは立派な性病の1つで、放っておくとペニスだけではなく肛門や脚の付け根にもイボが出来てしまいます。

このイボそのものに触れても痛みを感じることはあまりありませんが、急激にイボが成長した場合はヒリヒリとした痛みを感じたり、強い痒みを感じることもあります。

さらにこのイボはもろく、下着を履いて擦れるだけで出血してしまうこともあるのだとか。

病院でも治療が必要な症状ですので、すぐに専門の医療機関へ相談しに行くようにしてください。

赤いブツブツ、水ぶくれ、潰瘍

ペニスの周りに水ぶくれができているだけなら、亀頭包皮炎の可能性がありますが、それ以外にも赤いブツブツや潰瘍がある場合は、亀頭包皮炎ではなく、性器ヘルペスである可能性も出てきてしまいます。

性器ヘルペスも尖圭コンジローマと同じで、見た目から判断しやすく、痛みやかゆみも感じるなど、違和感もかなりある症状です。

放っておいて良い症状では決してありませんので、赤いブツブツや潰瘍など、性器ヘルペスの兆候が見えてきたら、迅速に医師に相談するようにしましょう。

高熱、腰痛、吐き気、尿が濁っている

尿を排泄する際の通り道である腎臓や尿管、膀胱や尿道を総称して尿路と呼ぶのですが、その尿路が炎症を起こしてしまう、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎を総称して尿路感染症と呼びます。

この尿路感染症を発症した際にも、ペニスに痛みを感じることがあり、さらに体の様々な場所に細菌が感染してしまうことから、高熱や腰痛、吐き気などの症状を引き起こすこともあるそうです。

もちろん尿路に異常が発生しているため、尿が濁ってしまうなどの症状が出ることもあるのだとか。

しっかりと原因を究明して、医師と共にしっかりと治療に励むようにしてください。

【性病・病気】痛みを軽減する方法と原因

代表的な4つの症状の見分け方を紹介してきましたが、そもそもその症状は何が原因で発症して、どうやったら痛みを軽減させることができるのでしょうか。

ここではその4つの症状の原因や、痛みを軽くする方法を見てみたいと思います。自分のペニスの状態や生活を振り返ってみて、これらの病気の疑いがある場合には、泌尿器科へすぐに相談しに行くようにしてください。

亀頭包皮炎の原因

亀頭包皮炎は原因によってさらに3つの種類に分けられます。この3種類ある亀頭包皮炎は、1つだけ発症することもあれば、複数の亀頭包皮炎が発症している場合もあるそうです。

症状を見ただけでは素人判断では判別がつきにくいので、絶対に泌尿器科へ行き、医師の診断を受けるようにしましょう。

またどの症状でも赤みやかゆみを感じる場合は、ステロイドを処方されることがほとんどのようですので、ステロイドに対してアレルギーなどを持っている人は、注意や医師への確認を怠らないようにしましょう。

細菌性亀頭包皮炎の対処法

体の中には様々な菌が生息しています。その菌のうち黄色ブドウ球菌や大腸菌などが、亀頭に炎症などを引き起こさせてしまうのが、細菌性亀頭包皮炎とされています。

なぜこれらの菌が亀頭に炎症などを生み出してしまうのかというと、1番大きい原因とされているのはストレスや疲労の溜まり過ぎによる、免疫力の低下なのだそうです。

1度でも細菌性亀頭包皮炎を発症させてしまうと、ストレスや疲労をリフレッシュするだけでは、細菌性亀頭包皮炎を治療できる可能性は、かなり低くなってしまうのだとか。

早めに病院へ相談して投薬などの治療を開始すれば、ペニスの痛みもある程度軽くすることができると言われています。

undefined
ダイちゃん
テラマイシン軟膏やクロマイ-N軟膏など、抗生物質を含んでいる市販薬を塗ることでも、症状を軽くすることはできるぞ!
自分の症状の程度を見て、どう対処するか決めてくれよな☆

カンジダ性亀頭包皮炎の対処法

細菌にも数多くの種類が存在しているのですが、カンジダ性亀頭包皮炎はその名の通り、カンジダ属に属している細菌が、異常に増殖してしまうことで、亀頭包皮炎の症状を引き起こしている状態のことを指しています。

カンジダ菌は元々はペニスの周りだけではなく、皮膚や口腔にも生息している常在菌で、病原性が弱い菌とされていますが、そんなカンジダ菌でも、増えすぎてしまうと身体に悪影響を与えると言われています。

これもストレスや疲労の溜まりすぎによる免疫力の低下のほか、セックスによって相手からカンジダ菌がうつってしまうこともあるそうです。

またペニスにカンジダ菌が繁殖しているからといって、ペニスを洗いすぎてしまい、細菌を取り除いてしまうと、逆にカンジダ菌が増えてしまう危険性があるとされています。

さらに抗生物質を使った市販薬を使うと、細菌性亀頭包皮炎は改善できると同時に、カンジダ性亀頭包皮炎が悪化するリスクが高まってしまうそうなので、カンジダ性亀頭包皮炎の場合は塗りすぎないように気を付けなくてはなりません。

こちらもペニスの痛みを抑えるには、早急に治療を受けるのが一番とされています。

痛みやかゆみなど、カンジダ性亀頭包皮炎の疑いがある症状が見受けられたら、すぐに病院に向かいましょう。

アレルギー性亀頭包皮炎

亀頭包皮炎の合併症の1つとして、アレルギー性の皮膚炎が発症することもあるそうで、それをアレルギー性亀頭包皮炎と呼ぶそうです。

細菌性やカンジダ性とは原因が違いますが、こちらも強いかゆみやじんましん、炎症などが発生し、ペニスにも強い痛みを与えてしまうのだとか。

亀頭包皮炎ではステロイド系の薬を処方されると先ほど触れましたが、アレルギー性亀頭包皮炎の場合は、炎症は軽減されるものの、毎日塗り続けない方が良いとされています。

経過にもよりますが、ステロイド剤を使用して異変が出てしまったら、すぐに使用を中止して、別の方法でアレルギー性亀頭包皮炎を治療するようにしてください。

尖圭(せんけい)コンジローマの原因

尖圭コンジローマの大きな原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスと言われています。

このHPVは人間にしか感染しないウイルスで、良性と悪性のHPVがありますが、尖圭コンジローマを引き起こすのは、良性のHPVなのだそうです。

ただ良性のHPVは尖圭コンジローマの原因とされていますが、悪性のHPVは男性なら陰茎ガン、女性なら子宮頸がんを引き起こす、危険なウイルスであるため、良性であれ悪性であれ感染しないに越したことはないウイルスであるのは、間違いありません。

そのHPVの感染経路のほとんどが、性行為が原因であるとされています。

粘膜や皮膚に小さな傷があると、そこに簡単にHPVが入り込み、尖圭コンジローマはどんどん広がっていってしまうのだとか。

また膣挿入以外にもフェラチオやアナルセックスでも、HPVに感染する恐れがあるため、尖圭コンジローマの疑いがあるときは、絶対に性行為そのものを行わないようにしましょう。

尖圭コンジローマの対処法

尖圭コンジローマの主な対処法は、べセルナクリームを使用した薬物療法です。

べセルナクリームを使用することで、HPVに対する免疫力がアップし、HPVの増殖を防いで尖圭コンジローマがこれ以上広がらないように防ぎつつ、ウイルスを撲滅させます。

ただ効果が高い分皮膚への刺激も強い薬とされていて、毎日ベセルナクリームを塗ってしまうと、皮膚がただれたり、塗った部分がかゆくなるという副作用もあるそうです。

ですのでベセルナクリームを処方されたときは、毎日塗るということはせず、医師の指示通りに塗るか、1日おきにベセルナクリームを塗るようにしてください。

性器ヘルペスの原因

性器ヘルペスも尖圭コンジローマと同じく、ヘルペスウイルスというウイルスに感染することによって発症する、感染症の一種とされています。

ですがヘルペスウイルスはそこまで強いウイルスではなく、抵抗力や免疫力などの理由から、約60%の人はヘルペスウイルスに感染しても、症状が出ないのだそうです。

しかし症状は出なくてもセックスやキスをすることでパートナーに感染し、パートナーが性器ヘルペスを発症するリスクがあるため、ヘルペスウイルスに感染している疑いがあるときは、パートナーとの性的な接触はしないようにしてください。

性器ヘルペスの対処法

性器ヘルペスはバラシクロビル、アシクロビル、ファムシクロビルという3つの錠剤を服用する、薬物療法が基本なのだそうです。

性器ヘルペスに感染してから、薬物療法を行うタイミングが早ければ早いほど、性器ヘルペスもすぐに治療することができるとされているので、ちょっとでも性器ヘルペスの可能性が出てきたら、すぐに病院に行って診断を受けるのがおすすめです。

まれに性器ヘルペスの処方薬として、塗り薬などを処方されることもあるかもしれませんが、あくまでもメインは錠剤タイプの薬です。

塗り薬はあくまで性器ヘルペスから併発する、かゆみや炎症を抑えるためのものであるため、使いすぎると性器ヘルペスが改善されないまま、塗り薬の副作用で、肌がただれたりする危険性があります。

尿路感染症の原因

尿路感染症は腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎が分類されていますが、腎盂腎炎なら腎臓に、膀胱炎なら膀胱に、そして尿道炎なら尿道炎に細菌もしくはウイルスが感染し、炎症を起こしてしまうことが主な原因となっています。

その中でも特に膀胱炎は危険とされています。これはなぜかというと、膀胱は細菌に対する免疫力があり、健康であれば基本的には細菌に感染することがないとされているからです。

しかし何らかの要因で免疫力が落ちてしまっていると、膀胱炎になる可能性が高まるため、膀胱炎にかかるということは、体全体の免疫力が落ちている確率が高いと言われています。

免疫力が落ちてしまうと、先に紹介した亀頭の痛みの原因となる症状が、発症しやすくなるリスクも高くなってしまいます。

そうでなくても免疫力は体や健康を守るのに大切な力なので、落としてしまわないように気を付けてください。

尿路感染症の対処法

尿路感染症はウイルス性のものか、細菌性のものかによって対処法が変わってきます。

ウイルス性の場合は水分を摂取し、尿と一緒にウイルスを排泄するのが、一般的な治療法なのだとか。

細菌性の場合は抗菌薬を使用して、細菌を尿道から排除する治療法が主ばやり方とされています。

抗菌薬にも2つのパターンがあり、症状が軽ければ内服薬で、症状が重かったり、血液に細菌が流れてしまっている場合には、点滴で抗菌薬を体内に取り入れて治療するそうです。

こちらも早期に発見して治療を始めることによって、最短で1週間ほどで完治させることもできるようなので、少しでも兆候を感じたら、医療機関に相談するのが無難であると言えるでしょう。

医療機関に行くのが恥ずかしい。性病か判断できない方はコレ

尖圭コンジローマなどの性病にかかり、それで病院に行くのは少し恥ずかしいと感じてしまう人も、中には居るかもしれません。

また自分が性病かどうか判断することができず、医療機関へ行くのをためらっているという場合もあるのではないのでしょうか。

そんな人におすすめなのが性病検査キットです。

性病検査キット

 \自宅で簡単に検査が可能/

Source: 公式サイト

性病検査キットは文字通り、使うことで自分が性病であるかどうかを、自宅でも簡単に検査することができるアイテムです。

基本的に医療機関から購入することでき、自分が検査したい症状によって、好きなものを選んで買うことができます。

男性用と女性用があり、自宅で密かに自分が性病かどうかをチェックすることができるので、他人に性病かどうかを知られる心配がありません。

性病かどうか打ち明けられず、1人で悩んでいるという人は、このような性病検査キットで自分が性病なのかを確認してから、何をするべきなのかを決めて行動してみると良いでしょう。

性病検査キットはこちらから

【包茎】痛みを軽減する方法と原因

亀頭に痛みを感じる理由の1つとして、包茎であることも大いに関係があるそうです。次は包茎の原因と、痛みを軽減する方法を見てみましょう。

原因1:亀頭と包皮の癒着

包茎の大きな原因は亀頭と包皮が癒着してしまい、包皮を剥がすことができなくなってしまっているということがほとんどです。このような症状の包茎は、真性包茎と呼ばれています。

くっついているものを剥がそうとしているので、無理やり包皮を剥こうとすると亀頭に痛みを感じてしまいます。

さらに亀頭が外部の刺激に慣れていないため、亀頭が刺激に敏感になってしまっており、指で軽く触れただけでも痛みを感じることがあるとされています。

真性包茎は亀頭と包皮の間に恥垢などが溜まりやすくなり、菌の繁殖や臭いの原因になるなど、衛生面でかなり悪影響を与えます。

そうなると自分のペニスに悪影響を与えることはもちろん、その状態でパートナーとセックスすると、パートナーにもその菌が移って、性病を発症させてしまう危険性もあるのです。

対策

真性包茎は、できるだけ早めに治療した方が良い症状であるのは間違いありません。

だからと言って無理やり包皮を剥がそうとすると、亀頭が傷つけてしまい、そこに菌が入り込むことによって、先ほど紹介した性病などを発症させ、より重い症状を引き起こしてしまいかねません。

その上真性包茎の状態から無理やり包皮を剥いてしまうと、次に紹介するカントン包茎になってしまう可能性もあります。

ですので素人判断で無理に治そうとはせずに、まずは医療機関で医師に相談するようにしてください。

原因2:包皮輪が狭い

包皮輪は亀頭を剥きだすために必要な部分です。この包皮輪が狭ければ狭いほど、包皮を剥ききることが難しく、もし剥けたとしても今度は逆に包皮を戻すのが、難しくなってしまいます。

このように包皮輪が狭く包皮が戻らなくなってしまう状態を、カントン包茎というのだそうです。

カントン包茎は包皮輪がペニスを強く締め付けてしまっているため、その締め付けで亀頭が痛くなってしまうほか、締め付けによって血流が悪くなり、ペニスがうっ血を起こして、最悪の場合は亀頭が壊死してしまうリスクもあると言われています。

亀頭が壊死してしまうとペニスが使い物にならなくなってしまい、男性としての自信を一生失ってしまうかもしれません。ですのでしっかりと対策を施して、自由に包皮を剥くことができるペニスを作るようにしましょう。

対策 ・包茎自体を治す方法

包茎を予防するための対策法や、包茎になってしまった時の治療の仕方にはどういったものがあるのでしょうか。

癒着はお風呂で剥がす

特に真性包茎の場合は、包皮と亀頭が癒着してしまい、そのせいで亀頭から包皮が剥けなくなってしまうのだそうです。

そこでお風呂に入ることで、包皮と亀頭の間にお湯が入り込めば、少しずつ亀頭と包皮の癒着が弱まっていき、亀頭から包皮が剥きやすくなる効果が期待できると言われています。

ただしいきなり無理に亀頭と包皮の癒着を剥がそうとすると、先ほど紹介したカントン包茎になってしまう危険性が非常に高くなってしまいます。

ですので包茎を自分で改善する際には、一気に包皮を剥こうとはせずに、ある程度の期間をかけて少しずつ、包皮を剥いていくようにしてください。

包皮を広げるトレーニング

包皮輪狭窄の人や、そのせいで真性包茎になってしまっている人は、包皮を広げられるようにトレーニングするのも良いかもしれません。

包皮も皮膚の一部であり、他の部分と同じように伸ばすことができるため、トレーニングによって包皮輪狭窄を改善させることは、十分に可能と言われています。

包皮輪を広げて包茎を解消するなら、キトー君という器具を使ってトレーニングを行うのがおすすめです。

キトー君は真性包茎を治療するために開発されたアイテムで、1万円ほどで購入することができます。

使い方も非常に簡単で、キトー君の先端を包皮輪に差し込み、少しずつ広げて行くだけで、徐々に包皮輪が広がっていきます。

さらにこれをお風呂からあがった後で行えば、包皮がある程度ほぐされて、包皮輪が広がりやすくなる効果も期待できるようです。

包皮を癖づける

1度包皮が剥けるようになっても、包皮が癖づいていないまま包皮を戻してしまうと、また包皮が剥けなくなってしまう可能性があります。

これを防ぐために包皮を剥きやすくできるように、包皮を癖づけるというのも忘れないようにしましょう。

具体的には1度包皮を剥けるようになったら、そのままの状態で放置してみるのが良いとされています。

そうすることで次に包皮を剥くときに、剥きやすくなるかもしれませんし、亀頭が露出されることで、亀頭を外部の刺激に慣らすこともできます。

ただ剥き癖を付けること自体が、包茎を根本的に治療することには繋がらないとも言われています。完全に包茎を治療したい場合には、他の方法で治療を行う必要があるということも、頭に入れておくようにしましょう。

トレーニングでペニスを大きくする

包茎の原因の1つとして、ペニスの大きさに対して包皮が長すぎるというものもあります。

この場合に効果的なのが、ペニスを大きくするトレーニングでペニスを増大させて、包皮を剥きやすくするという方法です。

ペニス増大トレーニングの中でも、特におすすめなのが肛門を締めるトレーニングです。

やり方もとても簡単で、3秒肛門を締めて、3秒肛門を緩めるというのを、10回繰り返すだけで完了となります。これを1セットとして、朝、昼、夕、就寝前の4回、1日合計で40回をまずは3ヶ月から継続してみてください。

これをやることによってペニスを支えるPC筋が鍛えられ、ペニスを大きくすることができるとされています。

それに加えてPC筋には尿道や排泄をコントロールする働きがあり、それを鍛えることによって、射精のタイミングをコントロールしやすくなり、早漏が改善されやすくなると言われています。

さらにペニスが鍛えられることで勃起にも良い影響を与え、EDも治療されかもしれないのだとか。

包茎治療以外にも良い効果が数多くあるとされているので、早漏やEDに悩まされているという方も、このトレーニングを行ってみると良いかもしれません。

トレーニング+サプリで相乗効果

トレーニングと同時にサプリを体に取り入れることで、サプリの栄養素がより効果的に働きやすくなると言われています。

またサプリは自分が悩んでいる症状に効果的な成分が凝縮されているので、食事の栄養バランスを気にすることなく、必要な栄養素を摂取することができるようになっています。

自分に症状や体質に合ったサプリを選び、効率良く包茎を治療できるように、情報のリサーチなどは怠らないようにしてください。

ここではそんなサプリの中から、おすすめのものを3つ紹介します。

ぺニトリンMAX

\ワールドワイドな人気の精力剤/

Source: 公式サイト

ペニトリンMAX

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点96点
  • 価格:通常価格10,980円/特別価格8,200円
  • 1回あたりの値段:通常価格366円/30日分 特別価格273円/30日分
  • 保証・特典:送料無料、新規購入キャンペーンなど
  • メーカー:株式会社クリート
ペニトリンMAXは日本だけではなく、世界の様々な国でも高い人気を誇る精力剤です。

日本で発売されているものは、日本人の体質に合わせて改良されているので、少ないリスクで安全に服用し続けられる精力剤となっています。

東南アジアで天然バイアグラとして、古来から重宝されていたトンカットアリをはじめとして、男性機能を強くするアルギニンや、勃起力を向上させる効果が期待できるシトルリンなどが数多く含まれています。

つまりペニトリンMAXを飲むだけで、ペニス増大や勃起力などを高めることができる可能性があるので、ぜひ包茎治療のためにペニスを大きくしたい人は、ペニトリンMAXを使ってみてください。

公式サイトを見てみる

ヴィトックスα

\新しい有効成分を追加配合した人気サプリ/

Source: 公式サイト

ヴィトックスα

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点92点
  • 価格:通常価格 19,800円/特別価格 12,800円
  • 1回あたりの値段:通常価格660円/30日分 特別価格427円/30日分
  • 保証・特典:送料無料、複数個買いで1個当たりの価格値引きなど
  • メーカー:MEN LABO
人気があったヴィトックスというサプリに、数多くの有効成分を追加配合して改良したのがヴィトックスαです。

元々のヴィトックスから2倍のシトルリンを配合していることに加えて、動植物系、ミネラル系のペニス増大効果が期待できる成分を、100種類以上も追加配合しており、ペニス増大だけではなく、勃起力向上や精力アップ効果も期待できます。

ヴィトックスの価格と同じ価格で購入することができて、お得に数多くの栄養成分を取り入れられるので、様々な面からペニスにアプローチをかけたい人にピッタリの精力剤と言えるでしょう。

公式サイトを見てみる

ゼファルリン

\天然成分をこれでもかと配合している/


Source: 公式サイト

ゼファルリン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点93点
  • 価格:通常価格13,800円/2箱買いによる特別価格23,800円
  • 1回あたりの値段:通常価格460円/30日分 特別価格 1箱あたり11,900円・約397円/30日分
  • 保証・特典:送料無料、複数個買いで1個当たりの価格値引きなど
  • メーカー:KSTジャパン
ゼファルリンも動植物から抽出した、数多くの天然成分によって、ペニス増大などの効果が期待できるサプリです。

有効成分を数多く含んでいることによる効果もですが、日本で制定された厳しい安全基準を満たした工場でのみ製造されているので、サプリを使用する際も安心して使うことができます。

ですのでサプリを飲むことで体調に悪影響を与えるのでは?と心配な人は、ゼファルリンを使ってみるのがおすすめです。

公式サイトを見てみる

包茎クリニックで治す

包茎は最悪の場合、男性機能に大きな悪影響を与えることもあるため、クリニックなどの医療機関でも、専門的な治療を受けることができるようになっています。

次は包茎を治療してくれるクリニックの中から、ソリペニ編集部おすすめのクリニックをご紹介します。

ABCクリニック

\男性特有の悩みはここで解決/

Source: 公式サイト

ABCクリニック

  • 包茎手術料金一覧:ABC式CSカット:50,000円 、ABC式真性包茎Sカット、ABC式カントン包茎Sカット:150,000円
  • 店舗:札幌院・仙台院・大宮院・船橋院・新宿院・神田院・立川院・横浜院・名古屋院・梅田院・なんば院・高松院・広島院・天神

ABCクリニックはペニスにまつわる、様々な症状を治療してくれるクリニックです。

ABCクリニックの包茎手術は3つのAが特徴となっています。

3つのAとはユーザーが納得できる費用で受けられる「安価」、知識が豊富なカウンセラーに、施術について質問や相談できる「安心」、そして施術前後の徹底した衛生管理などからくる「安全」を指しています。

実績も高く、全国に15店舗展開しているクリニックなので、どの地方に住んでいる人でも安心して、施術を受けることができます。すぐに包茎を治療したい人は、お近くのABCクリニックにぜひ相談しに行ってみてください。

公式サイトを見てみる

上野クリニック

\心置きなく包茎を治療したい方におすすめ/

Source: 公式サイト

上野クリニック

  • 包茎手術料金一覧:包茎手術(ナイロン糸):72,000円、包茎手術(ナイロン糸):100,000円 修正再手術:150,000円
  • 店舗:上野医院・新宿医院・千葉医院・大宮医院・横浜医院・札幌医院・仙台医院・新潟医院・名古屋医院・京都医院・大阪医院・岡山医院・広島医院・福岡医院
全国展開されている人気のクリニックなら、上野クリニックもおすすめです。

関東だけではなく、北海道、東北、近畿、九州など、どの地方の人でも気軽に訪れて、包茎を安心して治療することができるでしょう。

施術前にもしっかりとカウンセリングを受けることができ、どんな施術が自分に合っているのか、施術の前に確認しておきたい情報などは確実に教えてくれるので、施術も安心して受けることが可能です。

もし施術後に急な転勤や引っ越しがあったとしても、上野クリニックのアフターケアは、全国どの店舗でも受けることが可能です。ですので転勤前や引っ越し前の方も、新天地へ行くとともに、ペニスもすっきりと治療してみましょう。

公式サイトを見てみる

東京ノースト

\男らしいペニスはここで作れる/


Source: 公式サイト

東京ノースト

  • 包茎手術料金一覧:環状切除術:70,000円、切らない治療:30,000円、他院修正:140,000円
  • 店舗:上野秋葉原院・札幌院・盛岡院・仙台院・郡山院・新宿院・渋谷院・町田院・八王子院・横浜院・千葉院・大宮院・水戸院・宇都宮院・高崎院・甲府院・新潟院・金沢院・長野院・名古屋院・豊田院・岐阜院・静岡院・大阪院・梅田院・京都院・姫路院・広島院・岡山院・高松院・福岡院
ちゃんと包皮が剥けたり、ペニスを増大させるなど、男らしいペニスを作りたい人は、東京ノーストの施術を受けてみると良いかもしれません。

様々な最先端医療を受けることができるクリニックで、包茎なら包皮を切らずに治療することができる施術も受けることができます。

ペニスを増大させる注射治療のほか、亀頭周辺のぶつぶつを熱処理したりなど、ペニスに関わる施術は一通り受けることが可能です。

包茎やペニス増大以外のペニスの悩みを抱えた時も、実績のある治療を受けられるので、男性器に関わる症状でお困りの際にも、利用してみると良いでしょう。

公式サイトを見てみる

新宿中央クリニック

\東京近郊にお住まいの方におすすめのクリニック/ 

Source: 公式サイト

新宿中央院クリニック

  • 包茎手術料金一覧:仮性包茎:70,000円、真性包茎:100,000円、カントン包茎:150,000円
  • 店舗情報:住所:東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F 電話番号:0120-669-980
東京近郊にお住まいの人には、こちらの新宿中央院クリニックで包茎治療や、ペニス増大を行うのが非常におすすめです。

ペニスが小さかったり包茎などは、男性としての自信を失いがちになってしまいますが、新宿中央院クリニックはそういった症状を改善し、男らしいペニスを作る手助けをしてくれます。

長年積み重ねた信頼と実績から、東京以外にも様々なエリアに展開されているクリニックです。ぜひ東京近郊の方以外も、中央クリニック系列のクリニックで、逞しいペニスを作ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトを見てみる

亀頭の痛み以外にも包茎を治すメリットが

包茎を治療することで、亀頭の痛みを抑える効果が期待できますが、それ以外にも包茎治療には、様々なメリットが存在しています。

清潔を保ちやすい

亀頭が包皮に包まれている状態だと、そこに恥垢が溜まりやすくなり、そのせいで雑菌が繁殖してしまったり、ペニスから悪臭を放つようになってしまうとされています。

しかし包皮を剥くことができれば、亀頭を洗うことができるようになり、菌の繁殖や臭いを防げるようになるそうです。

性病にかかるリスクがある

ペニスが不衛生な状態が続き、菌がさらに繁殖してしまうと、その菌がペニスの中に入り込み、性病を引き起こしてしまう危険性があります。

さらに問題なのが、ペニスが不衛生なままセックスをすると、パートナーにその菌を映してしまう危険もあり、パートナーにも性病のリスクを負わせてしまう可能性があるということです。

自分だけではなく大切なパートナーも性病で苦しめてしまうことは、絶対に避けなくてはなりません。ですのでパートナーのことを思うなら、すぐに包茎を治療するようにしてください。

早漏が改善する

包茎だと亀頭が外部の刺激に晒されていないため、いつまでも敏感でパートナーに軽く触れられただけでも、強い刺激になってしまうことがほとんどです。

その状態でセックスをすると、亀頭から受ける性的快感が強すぎて、すぐに射精してしまう、いわゆる早漏という状態になってしまいがちとされています。

しかし包皮を常に剥いて亀頭が外部の刺激に慣れていれば、自然と亀頭が受ける性的刺激も緩和されて、早漏が改善される効果が期待できるのだとか。

undefined
ダイちゃん
亀頭は最初こそ露出していると痛みを感ることもあるかもしれないが、慣れちまえば強い痛みを感じることも少なくなる!だから勇気をもって包皮を剥いて、セックスでパートナーを満足させられるように頑張ってみようぜ!

亀頭が大きくなりやすい

包皮に亀頭が包まれている状態だと、亀頭が大きくなろうとしても、包皮に抑え込まれていることで、その成長を妨げてしまうと言われています。

ですが包茎が治療されるということは、亀頭が包皮に包まれている時間も少なくなるため、亀頭を大きくしやすくなるのだそうです。

亀頭が大きくなるということは、セックスの際にもパートナーをより気持ち良くできる可能性が高まるので、そういった意味でも包茎治療は、効果のある大切な治療と言えるのです。

コンプレックスがなくなる

包茎は男性としての自信を失わせる、大きな一因と言える症状です。包茎であること自体はもちろん、包茎からくる不衛生なペニスの状態や早漏などもマイナスなイメージが非常に強く、それがコンプレックスになっている方も多いのではないのでしょうか。

しかしこのようなコンプレックスは、包茎を治療するだけで一気に解決できることがほとんどとされています。

セックスをお互い気持ち良く行うためには、自分やセックスに対して自信を持つことが、とても大切と言われているので、包茎をちゃんと治療して、男としての自信を失ってしまわないように頑張りましょう。

亀頭が痛む場合セックスはどうする?

亀頭が痛くてもセックスをしたいという男性も、中にはいるかもしれません。

ここでは亀頭が過敏になって痛みを感じている時の、対処法を確認しています。

病気の疑いがある場合にセックスを行ってしまうと、パートナーにも病気をうつしてしまう危険があるので、その場合には絶対にセックスを行わず、その病気を完治させてからにしてください。

対策1:コンドームを付ける

包皮は亀頭を外部の刺激から守ってくれているものですが、だからといってセックスの際に包皮を戻すという訳にはいきません。

そんな時はコンドームを付けることによって、ある程度亀頭が受ける刺激を減らし、感じる痛みを軽減させることができるとされています。

しかし近年のコンドームは性能が非常に高く、コンドームを付けていない時の快感を10割とした場合、一般的なコンドームを付けた時の快感は9割から9.5割となのだそうです。

外部からの刺激を遮断したいのであれば、厚さのあるコンドームを選ぶのが良いでしょう。

コンドームの世界では0.1mmはかなり厚い部類に入ります。さらに厚いコンドームは早漏対策にもなるので、早漏に悩んでいる方もぜひ1度厚みのあるコンドームを使ってみてください。

対策2:ローションを塗る

男性は性的快感を受けると、ペニスからカウパー液と呼ばれる液体が出てきます。いわゆる我慢汁と呼ばれている液体です。

このカウパー液を亀頭に塗ることによって、ペニスが感じる刺激を和らげ、感じる痛みを少なくすることができるとされています。しかしカウパー液は常に出ているわけではありません。そのカウパー液の代わりとなるのが、ローションなのです。

ローションにも様々な種類があるのですが、まずはウォーターベースタイプのローションを使ってみるのがおすすめです。名前の通り水性のローションなので、体やベッドについても洗い落としやすく、非常に使いやすいローションとなっています。

ローションを使う際の注意点としては、ローションをペニスに塗った状態でセックスをすると、女性の体内にローションが入り込んでしまうことになります。

これをちゃんと洗浄しないとそこに菌が繁殖し、体調に悪影響を与える危険性があるので、ペニスや陰部に付いたローションは、セックスの後にしっかり洗い流すようにしましょう。

またローションは放置しておくと品質がかなり下がってしまいます。

長い間放置していたローションを引っ張り出して使うと、それだけで体に悪影響を与えかねないので、久しぶりにローションを使うときは、新しいローションを購入するのが無難です。

カントン包茎の場合

カントン包茎の方がセックスをした場合、包皮輪狭窄によってセックス中に亀頭に痛みを感じてしまい、気持ちの良いセックスを行うことができない可能性が高くなってしまいます。

また亀頭の痛みを減らすためにコンドームを付けたとしても、不意に包皮が戻ったり剥けたりしてしまい、そのたびに亀頭が痛くなってしまうこともあります。

ですので先に包皮輪狭窄を治療して感じる痛みを少しでも少なくしてから、セックスを行うようにして、お互いに気持ちの良いセックスを行うようにしてください。

真性包茎

真性包茎は常に亀頭が包皮に包まれている状態です。先ほども紹介しましたが、真性包茎は菌が繁殖しやすく、衛生面でかなり不安があります。

パートナーにペニスに繁殖した菌や、それによって発症した性病を移さないようにするためには、真性包茎を治療して、ペニスの清潔を保ちやすくするのが一番です。

このことから真性包茎も治療してからセックスを行うのが一番無難なので、正しく治療して心身共に健康的なセックスを行いましょう。

【Q&A】包茎のささやかな疑問

包茎の関する様々な疑問を、Q&A形式で紹介します。

皮オナニーは包茎になる?

皮オナニーを行ってしまうと、その分包皮が伸びやすくなり、仮性包茎になりやすくなると言われています。
また包皮を剥いた状態でオナニーを行うと、亀頭が性的な刺激に慣れて、早漏を改善できる可能性もあります。
このように皮オナニーにはデメリットが多々あるので、ある程度亀頭の刺激に慣れたら、皮オナニーは控えるようにするのがおすすめです。

思春期以降自分で剥くのはどれくらいかかる?

思春期以降に自分で包皮を剥こうとすると、無理に剥くことができないため、基本的にかなりの期間がかかると言われています。
もちろん個人差はありますが、2ヶ月から3ヶ月ほどが平均とされているので、根気をもって徐々に包皮を剥いていくようにしてください。

赤ちゃんも包皮炎になる?

包皮は亀頭を守るために存在しているものであり、赤ちゃんの時は亀頭を守るために包茎であるのが正常な状態です。
それでも赤ちゃんが自分の手に菌がついたまま、ペニスに触ってしまうこともあるため、そういったことが原因で包皮炎になることも十分あり得るのだそうです。
それを防ぐためには、親が常に亀頭を清潔にしてあげるのが一番です。
赤ちゃんの包皮は剥けづらく、洗いにくいかもしれませんが、少しでも剥けるのであれば、優しく亀頭を洗ってあげるようにしましょう。

亀頭の痛みを治して生活向上!

亀頭はデリケートな部分なので、少しのことで菌が繁殖したり、痛みを発するようになってしまいます。

しかしそれぞれの症状に正しい治療法が存在しているので、自分の症状をしっかりと見極めて、クリニックなどで治療を施してもらえば、気持ちの良いセックスができ、夜の生活もより良いものとなるでしょう。

亀頭の痛みを放置せずしっかりと治療して、男としての自信とパートナーとの気持ち良い生活を取り戻せるようにしていきましょう。

TOP