勃起力が低下する5つの原因と対策!もうEDだなんて言わせない

勃起力が低下する5つの原因と対策!もうEDだなんて言わせない

勃起力の低下に肩を落としている男性の皆さん!その原因は単なるEDですか?勃起力の原因には病気や処方薬の副作用以外にも生活習慣が大きく関わっていることをご存知でしょうか?原因をはっきりさせることで昔のような勃起力を取戻す方法も分かるのです。

シェアする

勃起力低下でセックスに不安…以前の硬さを取り戻せる?

最近、勃起力がなくなってきた…そう感じた男性はセックスが不安になり、女性に対しても消極的になってしまうものです。実際、勃起力がないことで女性と気まずくなってしまった経験がある人もいるでしょう。

しかし、それで良いと思って諦めてしまう男性はいないはずです。どうにかして以前のような硬いペニスを取り戻したい!それが本音ですよね。今回は勃起力が低下する原因と対策を徹底的に調査してみました。

 リサーチの結果、以前のような硬いペニスを取り戻すことは可能です!もう歳だから…なんて諦める必要なんてありません。正しい対策で、女性を喜ばされれるペニスを取り戻しましょう!


undefined
ソリペニ博士
人間はセックスだけに限っていえば男女とも何歳になっても可能です。さらに男性の場合は基本的に死ぬまで子孫を残すことだって可能なわけです。よく中高年男性が冗談まじりで「もう、用をたすしか使い道がないよ」なんて卑下することがありますが、とんでもありません。そのペニスは絶対どこかに問題を抱えているんですよ

そもそも勃起のメカニズムとは


何がどうなって勃起するのか?皆さん知っていますか?まずは勃起のメカニズムを順番にご紹介しましょう。

★勃起メカニズム★

  1. 脳が性的刺激を受ける。
  2. 刺激を受けたという情報が脳から脊髄へ、そして勃起中枢(股間の近くの仙髄にある)が受け取る。
  3. 情報を受け取った勃起中枢は、陰茎海綿体にサインを出す。
  4. すると陰茎海綿体の中で一酸化窒素(NO)が放出されて、血液・筋肉が刺激を受けてGMP(cGMP/サイクリックグアノシン1リン酸)が増える。※GMPとは、体内で作られる血管拡張剤。
  5. GMPの増加により、陰茎深動脈・螺行(らこう)動脈という血管、陰茎海綿体の入り口にある血液が流れ込むのを防ぐ平滑筋が緩む。
  6. ペニスの海綿体に血液がたくさん運び込まれると、海綿体は膨張。
  7. 白膜と海綿体を通る静脈が塞がれ、血液はペニスにとどまる。
  8. これで勃起状態になります。

ポイントとしては、一酸化窒素が放出され、GMPが増えるところです。このサイクルが上手くいかないと、ちゃんと勃起しなくなってしまうのです。

あれ?勃たない…

そんな状態に陥った時、あなたの頭には「ED」の文字が浮かび更なる不安の沼へと突き落とされるでしょう。勃起力はなぜ低下するのか?その原因を5つ、ご紹介しましょう。

勃起力の低下原因1:避けては通れない加齢


人は歳をとっていくので、加齢による体の変化は避けて通ることができません。儚いですが、仕方のないことです。加齢によって減っていくものは、髪の毛だったり、筋肉だったり、色々ありますが、男性ホルモンも例外ではありません。


男性ホルモンの分泌量は、1日あたり5mg~10mgと言われています。分泌量の多さは20歳頃にピークになり、30歳頃からは1年あたり約1%~2%ほど減少していきます。減少は歳を重ねるごとに進み、40代では10~20%、50代では20~30%、そして70代になると60~80%まで減ってしまうのです。

勃起力低下の原因2:不摂生な生活習慣による血流の悪化


血流が悪いと勃起力は低下します。そして、その血流を悪くしているのは不摂生な生活習慣からです。暴飲暴食、運動不足、夜更かし、喫煙、などは全て血流を悪くする行いです。思い当たる節はありませんか?

暴飲暴食は、メタボの原因にもなります。そしてメタボは勃起力の低下に繋がるのです。また、暴飲暴食をしなくとも、偏った食生活や栄養不足も勃起力を衰えさせます。栄養バランスのとれた食事を、毎日規則正しい時間に摂るようにしましょう。


運動不足もメタボや血流悪化になります。適度な運動はメタボや肥満を予防できますし、血行も良くなります。体の基礎代謝が上がることで、代謝の良い身体が作れます。夜更かしや睡眠不足は、勃起力にとても深い関係があると言われています。勃起力を上げたいのであれば、絶対NGな行動です。特に夜の22時から夜中の2時まではホルモンの分泌が活発になりますので、この時間帯は寝ていると特に良いと言われています。


とはいえ、忙しい現代社会を生き抜く中で、夜の22時までに布団に入るのは非常に難しいですよね。少なくとも日付が変わるまでには布団に入り、毎日7時間以上の睡眠時間を確保するようにしましょう。そして最後に喫煙。タバコを吸うと人間の血管を収縮します。これにより血行が悪くなるのです。血行の悪さは勃起力に直結するほどの大問題です。喫煙量を減らさずに勃起力をアップさせることは不可能とまで言われているほどです。是非、この機会に禁煙しましょう。

勃起力低下の原因3:ストレスでホルモンバランスの乱れ


ホルモンバランスの乱れは、ダイレクトに勃起力に影響します。ホルモンバランスが乱れる原因は様々ですが、ストレスによって起こることもあります。仕事で忙しい日々を送っていて、目まぐるしく進化する現代を生き抜くにはストレスとは無縁な生活はまず難しいことです。


それならば、ストレスをこまめに発散する方法を知っておいて、絶対にストレスを溜めないようにすれば良いのです。没頭できる趣味を持つのも良いですし、軽い運動をするだけでも随分とストレスが緩和されるものです。適量であればお酒も良いでしょう。ただし飲み過ぎは厳禁です。毎日、ストレス発散の時間なんてとれないという多忙な人も週に一度は自分の体をストレスから解放させてあげてください。

勃起力低下の原因4:深刻な病気が発病


ただの勃起力の低下と言えど、侮れません。深刻な病気が原因で勃起力が低下している恐れもあります。高血圧症や糖尿病の場合がそうです。高血圧症とは、血圧が正常な範囲を超えて高くなっている状態が続く病気です。年齢が上がるにつれて患う人が増えるのも特徴ですが、自覚症状がない人が多く、気付いた時にはかなり深刻な状態にまで陥ってしまっていることも珍しくありません。海外では高血圧症とEDの関係の研究がよく行われており、高血圧症とEDを同時に発症している確率は27%~68%という研究結果があるほどです。


続いて糖尿病とEDの関係についてご説明しましょう。

糖尿病とは、血液の糖分濃度が高くなった状態が継続する病気です。糖尿病も自覚症状がない場合が多く、長期に渡って身体のあちこちに症状が出てくる場合がほとんどです。

この糖尿病もEDとの関係がとても深いと言われています。とある研究においては、糖尿病の人の80%がEDを併発していると発表されています。

糖尿病で併発するEDには3つの種類があります。

  • 神経障害によるED⇒糖尿病によって脳から陰茎に伝わる神経回路に障害が生じ、性的刺激を受けても反応しなくなります。
  • 海綿体の機能不全によるED⇒糖尿病によって、海綿体動脈を含む内皮細胞の「内皮型一酸化窒素合成酸素」の活性が衰え、平滑筋が弛緩しにくくなる為に勃起しにくくなります。
  • 動脈硬化によるED⇒糖尿病の代表的な症状に全身の血管の動脈硬化があります。その中でも内腸骨動脈から陰茎動脈にかけて動脈硬化がおこると、勃起力はかなり低下してしまいます。また、海綿体の毛細血管は極めて細いので、動脈硬化が起こると海綿体への血流も悪くなってしまい勃起不全を起こします。

大きく分けてこれら3つの種類があります。身体的原因からのEDを「器質的ED」、糖尿病が原因で抑うつ傾向によるEDを「心因性ED」、糖尿病の治療薬や血圧を下げる薬が原因となるEDを「薬剤性ED」と呼んだりもします。

高血圧症と糖尿病は極めてEDを誘発する可能性が高い病気と言えますので、EDを治すには、まず病気の治療をすることが大切です。

勃起力低下の原因5:薬の副作用による勃起力の低下


持病の治療の為に服用している薬の副作用として勃起力が低下することがあります。これを「薬剤性ED」と言います。薬剤性EDを引き起こす可能性のある薬は大きく分けて3種類あります。性欲がなくなる薬⇒中枢神経に作用する為、性欲が低下して、勃起までをも抑えてしまいます。主に、男性ホルモン関連の薬、プロラクチン関連の薬、ドパミン作動神経活性抑制の薬やセロトニン作動神経活性促進に関係する薬が挙げられます。


  1. 勃起障害を引き起こす薬⇒副交感神経の働きを抑制する為、勃起不全を起こします。主に、抗コリン作動神経系の薬、交感神経系の薬、プロスタグランディン系の薬が挙げられます。
  2. 射精障害を引き起こす薬⇒交感神経の働きを邪魔することで、射精障害を起こします。射精は、交感神経、副交感神経、体性神経が関与していますが、これらの神経の機能が薬によって障害を起こされると、射精障害となります。主に、高血圧治療のα-メチルドパ胃腸運動促進薬のスルピリドやメトクロプラミド抗精神病薬のクロルプロマジンなどの薬剤が挙げられます。

勃起力が低下したペニスで女性はガッカリ…

勃起力のないペニスを見て、女性はどう思っているのでしょうか?女性の本音、気になりますよね。ちょっと怖い気もしている男性も多いかもしれませんが、勇気を出して女性の本音を覗き見してみましょう。

  • 他の人としてみたい…
    あいにゃんしたいさん
    彼氏は1回いったらもう勃たないから何回もできる人としてみたいなあ

    Twitter

  • 辛い…
    へんなこさん
    彼氏が勃たないつらい

    Twitter

  • 切ない
    不倫中の真面目な女子大生さん
    いつも気持ちよくしてくれる彼氏にどうやってお礼ができるだろう?彼は末期の糖尿病でおちんちんが勃たない身体。自分はいっさい気持ちくないだろうに、指だけで何回もイかせてくれる彼氏が大好きだけど毎回、切なさも感じる。

    Twitter

驚いた男性もいらっしゃったかと思います。彼氏が勃たないと、欲求不満に陥り、最悪の場合は他の人とセックスしたいと思い始める女性もいるようです。辛い、悲しい、といった、やはりネガティブな意見が口コミでは繰り広げられていました。直接面と向かって彼氏には言えないでいる女性が多いものの、実際心の中は、勃たない彼氏にイライラしたり、辛い気持ちになったりしているようです。

どうですか、男性の皆さん。勃たないことって、こんなにも女性を苦しめているのです。大切なパートナーをこれ以上苦しめたくないと思ったら、もう、勃起力を回復させる他に方法はありませんね!

勃起力の低下対策1:栄養バランスを考えた食事

勃起力を下げない為に、まずは栄養バランスのとれた食事を摂ることを心掛けましょう。暴飲暴食はもちろん、偏った食生活は勃起力を低下させます。

勃起力UPにNG&OK食材一覧

日々の食事に是非取り入れて欲しいのは、精力のつく食材です。亜鉛が豊富な牡蠣胡麻アルギニンが豊富なアーモンドしらすビタミンEが豊富なアボガドうなぎアリシンが豊富なにんにくニラシトルリンが豊富なスイカなどがおすすめです。

逆に、勃起力アップには不向きなNG食材もあります。全く食べてはいけないという訳ではありませんが、少し量を控える、食べ過ぎないように注意した方が良い食材です。

まずは、シュウ酸を含むほうれん草タケノコ。シュウ酸には亜鉛の吸収を妨げる作用がありますので、勃起力アップには欠かせない亜鉛をせっかく摂取しても、シュウ酸を摂取してしまうと亜鉛が体に吸収されなくなってしまうのです。


続いては、体に良い大豆乳製品も勃起力アップには不向きです。大豆や乳製品には女性ホルモンを増やす働きがあるので、その代りに男性ホルモンを減少させてしまうのです。ファーストフードマーガリン・ショートニングなどのトランス脂肪酸を含む食材です。トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし、肝臓に悪影響を与える為、善玉コレステロールを減らしてしまいます。

コレステロールは言わば男性ホルモンの原料なので、善玉コレステロールが減ることで、男性ホルモンの減少や精力、勃起力の低下へと繋がります。

栄養の吸収率は食事方法でも段違い

いくら勃起力アップに効果的な食材を積極的に摂取しても、体に栄養がしっかり吸収されないと意味がありません。そこで、食事方法にも気を付ける必要があります。1日3回、毎日規則正しい時間に食事を摂ることは基本です。

そして、噛む回数にも気を付けることで、より高い栄養吸収が期待できます。


よく噛んで食べるだけで、体が健康になるとも言われるほど「噛むこと」はとても大切なことです。よく噛むと唾液がたくさん出るようになり、その唾液は体にとって有効な成分がたっぷりと含まれているからなのです。よく噛むことで、食べ物は細かく砕かれるため、胃でよく吸収されるようになり、胃液もしっかりと分泌されることで消化を助けてくれます。


また、よく噛むと満腹感を得やすいので、肥満の防止にもなります。肥満は勃起力低下に繋がる為、くれぐれも気を付けていただきたい重要ポイントです。油分を摂りすぎない、栄養バランスの摂れた食事を心掛けると共に、よく噛むことにも気を付けましょう。

手軽に勃起力高める栄養を摂るならサプリ

毎日の食事から勃起力をアップさせる有効成分を摂ることは、実際は結構難しいことでもあります。食事から摂れない分の栄養は、サプリで簡単に補えるので、食事内容に気を付けながら、サプリに頼ることも良いでしょう。

とても手軽ですし、毎日続けやすいという点も非常に魅力的です。

ペニブースト

\有効成分が黄金比率で配合/ 

ペニブースト

  • 編集部評価★★★★★ 総合点98点
  • 初回料金:8,200円(税込)1本60粒入り
  • 1回あたりの料金:1粒136円(1日2回・1回1粒)
  • 保証・特典:公式サイトからの購入で1本購入で2,780円引き、2本購入で16,000円引き、3本購入で19,720円引き+1本無料プレゼント

ペニブーストは、黄金比率で配合されている4つの成分がとにかく魅力的です。

  • 天然のバイアグラとも呼ばれる精力サポート成分「トンカットアリ」
  • 「Lーシトルリン」は、血管拡張効果、血流改善効果、勃起力アップ効果あり
  • 「Lーアルギニン」は成長ホルモンの分泌を促進
  • 抗菌作用と抗酸化作用ある「プロポリス」を贅沢に配合

ペニブーストは、アメリカとタイで爆発的な人気を誇ったペニトリンを日本人向けに改良し、さらにシトルリンなどの成分を増量した精力剤です。販売累計個数はなんと100万個超えという人気ぶりで、造も日本国内で行われている為、とても安全性が高いサプリです。

ペニブースト 公式HP

勃起力の低下対策2:効果的な運動で血流を正常化

勃起力と血流はとても深い関係にあります。勃起力が低下したなと感じる人は、血流が正常でないことを疑ってみても良いでしょう。そして、流れの悪くなった血流を改善するには、運動は欠かせません。効果的な運動を日々の生活の中に取り入れることで、さらさらと流れる血液を目指しましょう!

スキマ時間を利用したストレッチ

毎日続けられる運動と言えば、スキマ時間に気軽にできるストレッチが良いでしょう。これなら忙しい人でも続けられます。

股関節ストレッチ

股関節あたりの筋肉をほぐすことで、ペニスへの血液の流れがよくなり勃起力が上がります。まずは座って、両足の裏を合わせて、かかとは無理のない程度に股間にぐっと引き寄せます。足は両手で上から押さえましょう。股間周辺の筋肉をほぐすイメージで、血流がよくなるようイメージしながら行うとより効果的です。

このストレッチが終わったら、足を開いてしゃがみ、両手を握って内股の付け根から膝の横までをトントン叩いてマッサージしましょう。ペニス周辺の血行が良くなると共に、男性ホルモンの分泌も高まると言われています。

マタワリ

マタワリも、股関節の筋肉をほぐして結構をよくするストレッチです。足の裏同士をくっつけて、膝を揺らしたりして股関節をほぐす準備運動からはじめましょう。股関節を十分にほぐしたら早速マタワリの開始です。

  1. 片足を横に伸ばして状態を斜め前に倒す。足に沿って状態を倒してはいけない。
  2. 反対の足も同じようにのばして、斜め前に上体を倒す。
  3. 両足を開脚し、上体を正面に倒す。お尻を出すイメージで前に倒れましょう。
  4. 両足を開脚したまま骨盤を前へ後ろへ揺らす。後ろよりは、骨盤を付きだすイメージで行って下さい。

斜め前に倒すことでより効果的に負荷をかけることができます。 テレビを見ながらでも簡単にできるストレッチですから、いつもはボーっと過ごしていた時間も、勃起力アップの為のストレッチに使うことができますね!

通勤時間を利用した有酸素運動

毎日の通勤時間も無駄にはできません。その時間を利用して有酸素運動を行いましょう。有酸素運動は、体に酸素を取り入れながら行う運動のことで、勃起力アップにはとても有効です。特にウォーキングやジョギングがおすすめで、毎日30分を目安に続けると良いでしょう。いつもの通勤で、一駅分歩くようにしたり、タクシーを利用していたところを歩くようにするなど、日々の些細な場面をウォーキング時間に変えることは簡単です。

ちょっと意識するだけで、意外と毎日30分有酸素運動を行えるようになります。他にも、スイミングや縄跳び、ヨガやスクワットなども効果的です。会社帰りにスポーツジムへ寄り道する習慣を持つのも良いですね。

勃起力が上がるチントレ

筋トレと同じように、勃起力アップにはチントレもおすすめです。に有効なチントレを2つ、ご紹介しましょう。

ジェルキング

亀頭のサイズアップやペニスの長さを増す効果が期待できるジェルキングは、オナニーの要領ととてもよく似ていて誰でも簡単に行えます。

~やり方~

  1. ペニスを半勃起させます。ギンギン状態でなくてOK!
  2. 親指と人差し指の先を合わせてOKサインを作り、ペニスの根元を握ります。
  3. OKサインの指をゆっくりと根元から亀頭に向けて2秒かけてスライドさせます。
  4. 何度か繰り返しましょう。手が疲れたら反対の手でもやると良いです。

ペニスを根元から引っ張って伸ばすイメージで行いましょう。OKサインの指をペニスの根元から亀頭に向かってスライドさせる時は、2秒かけてゆっくり行うのが大切なポイントです。OKサインでペニスを握る時は少しきつめに握るのもポイントです。ぎゅっと握って、亀頭に血液を送りましょう。

ミルキング

やり方が牛の乳搾りに似ているやり方から「ミルキング」と呼ばれているこのチントレは、ジェルキングにも似ています。

~やり方~

  1. ペニスの根元を利き手ではない方の手で支えます
  2. ペニス全体にローションを適量塗付しましょう。
  3. 利き手はペニスを握ります。小指から薬指、中指…の順番で根元から亀頭の真下まで乳搾りのイメージで握ります。
  4. 小指まで握ったら、そのまま5秒握ったままキープです。
  5. これを20回繰り返す

ミルキングをすると勃起してくるかもしれませんが、そのまま続けて大丈夫です。ペニスの根元から亀頭へ向かって、乳搾りのように血液を搾りましょう。


また、ツボ押しもおすすめです。全身に男性ホルモンの分泌を活発にし、ペニス増大効果のあるツボが6つあります。

  • 大嚇(だいかく)⇒おへそから指4本分下、左右5mmの2点
  • 関元(かんげん)⇒おへそから指4本分下
  • 命門(めいもん)⇒おへその裏、腰の少し上、体の中心を通っている正中線上
  • 三焦経(さんしょうけい)⇒左手の薬指の先から第一関節までの指の外側
  • 外生殖器(がいせいしょくき)⇒耳輪の上
  • 三陰交(さんいんこう)⇒足の内側のくるぶしから指4本分上。骨のきわにある。

これら6つのツボを、痛気持ちいい程度に抑えると良いと言われています。5秒押して、5秒離す、のリズムを基本に、是非、毎日のスキマ時間にお試しください。

勃起力の低下対策3:健康的な生活習慣

毎日の生活習慣も勃起力に影響を与えます。勃起力を低下させない生活習慣とはどんなものか、ご紹介しましょう。

疲労回復もしやすい質の高い睡眠

疲労は勃起力にとても悪影響を与えます。疲れている時にSEXする気になれない、というのがその証拠です。疲れを溜めない為には、質の高い睡眠をとって疲労を毎晩しっかりととってあげることが大切です。

疲労が回復される質の高い睡眠をとる為のルールがあります。これを守るようにしましょう。

疲れがとれる!質の高い睡眠ルール

  • 毎日同じ時間に寝る
  • 寝だめをしない
  • 寝る直前までパソコンやスマホをしない
  • 寝室は過ごしやすい温度にする
  • 体に合った寝具を選ぶ

これらのルールを守るだけで、今日からあなたも質の良い睡眠がとれるようになり、朝は元気に目覚められるようになるでしょう。

離脱症状に負けないで禁煙

禁煙せずに勃起力を上げることは不可能と言われるほど、タバコは勃起力に悪影響を与えます。禁煙をすると、眠気や腹痛に襲われるといった「離脱症状」が出ることがあります。だいたい禁煙を初めて3日くらいがピークと言われていますが、2週間から1か月間も離脱症状が続くことがあります。

離脱症状が出ている時は、辛いと感じてしまいますが、その辛さは体が正常な状態に戻っているサインなので喜ばしいことなのです。そう思うだけで、離脱症状を随分と気軽に受け止められるとは思いますが、どうしても辛い時はニコチンパッチなどの禁煙グッズに頼るのも良いかもしれません。また、確実な禁煙ができることと、離脱症状に一人で立ち向かわなくて良いという安心感が得られることから、あなたの禁煙をサポートしてくれる「禁煙外来」を受診するのもおすすめです。

勃起力の低下対策4:EDが起きる病気の治療

EDを引き起こす病気があります。病気が原因となっている場合は、EDを治療するのではなく、EDの原因となっている病気を治療します。どんな病気がEDを引き起こすのかをご紹介していきましょう。

病院での生活習慣病の治療

代表的な生活習慣病と言えば、高血圧症糖尿病が挙げられます。高血圧症になると、血管に負荷がかかりすぎて、血管が損傷を受けます。すると、血管は狭くなって硬くなり、ペニスへ送られる血液量も大幅に減ってしまいます。その結果、勃起不全が起こるのです。


糖尿病は、高血圧症と同じく血管が狭く硬くなっているのに加えて、性的刺激を受けても血管が膨張しなくなります。勃起の時に重要なペニスの動脈が塞がれてしまうからとも言われています。生活習慣病が原因でEDを引き起こしている場合は、まず病気の治療を先にします。血圧を下げる降圧剤などを服用して治療することが多いと言われています。薬の服用と共に、生活習慣を見直すこともとても重要ですので、気を付けるようにしましょう。

神経系疾患の治療法

神経障害による勃起不全を「器質性ED」と呼びます。勃起が起こるメカニズムは、性的刺激を受ける中枢神経、そして性的刺激によって起こる興奮を伝える末梢神経によってコントロールされています。しかし、神経障害があるとその伝達が上手くいかずEDに至る可能性が高くなります。


脳卒中脊髄損傷てんかんパーキンソン病などが神経障害を起こす主な疾患です。その場合の治療は、勃起はするけれど途中で萎えてしまう中折れ程度の症状だと、血管や神経に損傷が少ない可能性が高いのでED治療薬で改善の期待ができます。刺激を与えることで、ペニスが大きくなるなど反応がある場合もED治療薬の内服で効果が出る可能性が高いと考えられています。


何をしてもペニスが反応しない場合や、ED治療薬の内服で効果がない場合は、神経や血管が完全に切れてしまっている可能性があります。その場合は、いくらED治療薬を飲み続けても残念ながら回復の期待はできません。

ペニスに直接注射をする「ICI療法」の方が改善に期待が持てると言われています。

ED治療薬で勃起力の回復

勃起力の低下の原因として他の病気の疑いがない場合は、一般的にED治療薬で勃起力を改善できます。バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがED治療薬では有名です。それぞれ有効成分に違いはありますが、どれも血管拡張作用があり、性的刺激による勃起をサポートしてくれるお薬です。


どれも同じ効果が期待できるお薬ですが、作用時間に違いがあります。バイアグラとレビトラは作用時間が約4時間~5時間、一方シアリスは30~36時間というかなり長時間作用します。有名なED治療薬ではありますが、価格がかなり高い為、なかなか手が出ないという人も多いのが現実です。そんな人には、料金的にもかなり安いジェネリック薬がおすすめです。


バイアグラのジェネリック薬として「カマグラゴールド」が発売されています。

バイアグラが4錠6,880円なのに対して、カマグラゴールドは4錠3,280円で、日本では一番人気のED治療ジェネリックと言われています。

レビトラのジェネリック薬としては、「サビトラ」があります。

レビトラが4錠5,580円ですが、サビトラは4錠3,880円です。即効性の高いお薬で、服用後1時間で効果はピークを迎え、作用する時間も比較的長いことで人気があります。

シアリスのジェネリック薬は、「タダシップ」です。

シアリスは4錠8,480円、一方タダシップは4錠3,280円です。タダシップの特徴は、とにかく作用時間が長い点です。およそ36時間もの間作用します。

勃起力の低下対策5:医師に相談して薬の変更


病気の治療の為に服用している薬の副作用で勃起力が低下することもあります。

主な薬剤をご紹介しましょう。

  • 中枢神経系の薬剤⇒解熱剤、抗うつ剤、睡眠薬、向精神薬、抗不安薬など
  • 末梢神経系の薬剤⇒鎮けい薬、骨格筋弛緩薬、抗コリン薬、局所麻酔薬など
  • 循環器系の薬剤⇒高脂血症用剤、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、不整脈治療薬など
  • 消化系の薬剤⇒鎮けい薬、抗コリン薬、消化性潰瘍治療薬、局所麻酔薬など

これらの薬を服用していると、勃起力低下の症状が出る場合があります。しかし深刻な心配の必要はなく、たいていは薬の服用を止めると勃起力は元に戻ります。また、ED治療薬との併用ができる薬もありますし、勃起力低下の副作用がない薬に変更することもできる可能性がありますので、一度医師に相談してみることをおすすめします。

10個の質問でEDセルフチェック

もしかしてED?と思ったら、まずはこちらのチェックシートでセルフチェックをしてみてください。

EDセルフチェック

  • セックスが終わるまで勃起状態でいられる自信がない
  • 性的刺激を受けるとペニスは挿入できるくらいの硬さにならない
  • 挿入してから勃起状態が保てない
  • セックス終了まで勃起状態を保つのは難しいと感じる
  • セックスに満足できない
  • 糖尿病や高血圧症などの検査を受けていない
  • 勃起不全を起こす副作用がある薬を服用中である
  • ストレスなど思い当たる精神的なダメージがある
  • 彼女をがっかりさせてしまった経験がある
  • 脳卒中や精髄損傷などで神経系に問題がある

 当てはまる項目があれば、EDの疑いがあります。放置していても良くなることはありません。自分に合った改善策で、EDを治療しましょう!

低下した勃起力は今からでも復活できる!

低下してしまった勃起力は、歳のせい、病気のせい、薬の副作用のせい、と言って諦める必要は全くありません。それぞれの原因ごとに解決策はあります。ですから、勃起力を回復させることは簡単なことではありませんが、必ずできることなのです。

今回ご紹介した原因に心当たりがある人は、もう自分が何をすればかつての勃起力を取り戻せるかが分かりましたよね。大切なパートナーをがっかりさせない為にも、真剣に勃起力回復に向けて取り組みましょう!

TOP