トリプトファン2つの効果で精力UP!副作用が起こらない摂取方法が大事

トリプトファン2つの効果で精力UP!副作用が起こらない摂取方法が大事

なんとなく良い効果があるということからトリプトファンの名前を耳にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。実はトリプトファンには身体を健康にする効果のほかにも、ペニスを元気にさせる効果も期待できるのだそうです。

シェアする

トリプトファンと精力の密接な関係

健康食品やサプリなどに使われていることがあるトリプトファンですが、実は精力剤にも配合されていることがあるのだそうです。

トリプトファンは快眠と関係が深いことは知られていますが、精力とはどのような関係があるのでしょうか。

今回はトリプトファンという成分がどういうものなのか、1つずつ確認してみたいと思います。

トリプトファンとは何?

トリプトファンにどんな効果があるのかを確認する前に、まずはトリプトファンという成分がどういったものなのか理解するところから始めてみましょう。

牛乳から発見された必須アミノ酸

トリプトファンは牛乳から発見された成分で、数あるアミノ酸のうち必須アミノ酸という成分に分類されています。

必須アミノ酸とは身体の中で生成されず、食べ物やサプリなど外部から身体に取り入れる必要がある成分のことを言います。

つまりトリプトファンは配合されている食べ物を偶然食べない限り、自分から摂取しようと思わないと身体に取り入れることができず、その恩恵を受けることもできない成分となっているのです。

トリプトファンの主な2つの効果

ではここでトリプトファンの代表的な2つの効果をご紹介します。

自律神経を安定させる

自律神経とは交感神経と副交感神経からなる神経系の一種で、精神状態に様々な影響を与えると言われています。

その自律神経が乱れてしまうと身体が緊張してしまい、常に不安を感じるようになることでセックスにも集中できず勃起もままならなくなる心因性EDを引き起こすことがあるそうです。

トリプトファンはそんな自律神経の乱れを整える効果があり、自律神経が安定することで心因性EDを防ぐ効果があるとされています。

血流や血圧を安定させる

自律神経の乱れにより身体が緊張している状態だと、精神面だけではなく肉体面においても悪影響を及ぼすことがあるのだそうです。

その1つが血流の悪化で、身体が緊張することで血管が収縮されてしまい、血圧が高くなったり血流が悪くなってペニスに流れ込む血量が減ることで勃起力が低下すると言われているのだとか。

しかしトリプトファンの自律神経の乱れを安定させる効果によって身体の緊張が解ければ、血流も安定しペニスへ流れる血量も増えて勃起力が向上する効果もあるそうです。

2つの効果が精力UPに繋がる

以上2つの効果から総合的に見ると、トリプトファンは精神面、肉体面からそれぞれアプローチをかけることで、高い精力アップ効果が期待できることが分かります。

特にストレスを受けやすいと言われている現代社会では、そのストレスによって自律神経が乱れている人も多いようです。

そんな方にこそトリプトファンは高い効果を発揮する可能性が高いので、心当たりがある人は積極的にトリプトファンを摂取してみるようにすると良いかもしれません。

セロトニン等の神経伝達物質を増やす

トリプトファンは身体の内外から作用して、精力を挙げてくれる効果があることが分かりました。次はその仕組みを具体的に見てみたいと思います。

トリプトファンは神経伝達物質を作る

トリプトファンにはセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンと言った神経伝達物質を作る効果があると言われています。

セロトニンについては後程紹介しますので省きますが、ドーパミンには物事と快感を結びつける作用があり、ノルアドレナリンには注意力や判断力を高める作用があるのだとか。

このようにトリプトファンが作り出す神経伝達物質は、人間が健康的に生活していくうえで欠かせないものと言えるのです。

トリプトファンがセロトニンになる脱炭酸反応

トリプトファンが生み出す神経伝達物質物質の1つであるセロトニンですが、その変化の仕方には脱炭酸反応という言葉が関係しています。

脱炭酸反応とはある物質から二酸化炭素が抜け落ちる現象のことで、簡単に言うとトリプトファンから二酸化炭素が無くなることでセロトニンという物質に変化するということになります。

セロトニンは精神を安定させる

セロトニンの効果の1つが心に影響を与え、精神を安定させる効果とされています。これはうつ病の人にも有効と言われていて、実際に抗うつ薬の中にはセロトニンやノルアドレナリンを増やすことを目的にしたものもあります。

またセロトニンは腸管にも存在していて、消化管の活動を促す働きもあると言われているため、便秘など腸にまつわる悩みにも効果的な成分とされています。

セロトニンはメラトニンを作る

セロトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの原料にもなるそうです。

メラトニンには睡眠をもたらす効果があるといわれていますが、強い光を浴びると分泌量が減るとされていて、日光の出ている昼間はその分泌が抑えられているそうです。

これは部屋の照明も同じで、夜中でも照明の光を浴びているとメラトニンの分泌量が減り、眠りが浅くなってしまうのだとか。

ですので睡眠不足で悩まされている方は、セロトニンの量や照明の光などに注意してみると良いかもしれません。

セロトニン不足は頭痛を招く

頭痛の主な原因は脳の血管が拡張され、脳にある三叉神経という神経が圧迫されることで起きると言われています。

脳の血管が収縮していれば頭痛は起きることが無くなると考えることができるのですが、その脳の血管を収縮させているのがセロトニンなのだそうです。

つまりセロトニンが不足してしまうことで脳の血管が拡がり、頭痛を引き起こしてしまうということになるため、日頃から頭痛に悩まされている方はトリプトファンやセロトニンを補うようにしてみましょう。

メラトニンは体を休息モードへと誘う

先ほども触れましたがメラトニンには睡眠を促し、体が休息できるように誘ってくれる効果も期待できます。

自律神経の1つである副交感神経が優位になると、体はリラックスしてより深く眠ることができるようになるとされていて、その手助けをしてくれるのがメラトニンだと考えられています。

メラトニンは時間の感覚をコントロールする

メラトニンは体内時計によって分泌される量がコントロールされているそうです。

基本的に起きている方が多い日中ならその分泌量は抑えられ、逆に基本的に床につく夜中にその分泌量は増えるようになっているのだとか。

またセロトニンは時差ボケの調節にも効果的と言われているので、海外旅行先や帰ってきてから積極的に摂取すると、時差ボケが早くよくなる効果も期待できると言われています。

世間を震撼させたトリプトファン事件

セロトニンやメラトニンなどの成分を作り出し、様々な良い効果を発揮してくれるトリプトファンですが、そんなトリプトファンが引き起こしたトリプトファン事件というのをご存知でしょうか。

トリプトファン事件の一連

トリプトファン事件とはアメリカで1988年の末から1989年の6月まで、昭和電工というメーカーが作ったトリプトファンサプリを使用した人が、好酸球増加筋肉痛症候群を発症させたという事例が頻発した事件のことを指しています。

その原因は昭和電工のトリプトファンサプリに配合されていた不純物が原因ではないかと言われており、この事件がきっかけでアメリカではトリプトファン製品の販売が禁止されることとなりました。

遺伝子組み換え食品にも物議をかもす

良質な遺伝子を持った製品を量産するための技術である伝子組み換え食品ですが、トリプトファン事件はその存在を問題視する出来事となったそうです。

昭和電工のトリプトファンサプリが遺伝子組み換え技術を使用し、それによって不純物が生まれたからなのだとか。

このことから食品の安全性も追求されるようになり、産地や成分にもより配慮することが大切という考え方が強まったと言われています。

トリプトファンの過剰摂取が原因との見方も

一方でトリプトファンサプリを使用した人が過剰摂取してしまい、それが原因で起きたという見方もあるそうです。

真相はどうなのか分かりませんが、過剰摂取はサプリの効果を高める訳ではなく、ただただ副作用のリスクを高めてしまうだけの危険行為となってしまいます。

どんなに安全と言われているサプリでも過剰摂取は等しく危険ですので、絶対にやらないようにしてください。

トリプトファンの適正摂取量

トリプトファンの過剰摂取は危険と紹介しましたが、トリプトファンの適正な摂取量はどのくらいなのか確認してみましょう。

1日の目安は体重1kg当たり3.5mg程(成人男性)

トリプトファンの1日の目安摂取量は体重1Kg当たり3.5mgほどとされています。例えば体重が50Kgの成人男性であれば、175mgが1日の目安摂取量となります。

この目安摂取量は食事を3食バランスよく食べていれば、十分に満たすことができる量とされているので、しっかりと食事をとり、トリプトファンが不足してしまわないように注意してください。

うつ病や睡眠改善をしたい場合

通常生活するだけであれば食べ物から摂取できる量だけで十分ですが、うつ病や睡眠を改善したい場合はそれ以上にトリプトファンを摂取した方が良いとされています。

データによれば1日6gのトリプトファンを17日間摂取した結果、精神が安定せずイライラしていた症状が改善されたという結果が出ているそうなので、まずはこれをお手本にトリプトファンを摂取してみると良いかもしれません。

禁煙の禁断症状の緩和をしたい場合

タバコには依存症があるとされており、禁煙をしている人の多くはその禁断症状によってタバコを吸いたくなってしまい、断念してしまうことが多いようです。

これはタバコに含まれるニコチンによって強制的にセロトニンが放出され、時間経過とともにセロトニンの量が少なくなることで起きるのだとか。

しかしトリプトファンにはセロトニンを作り出す効果があるため、タバコによって増えたセロトニンが不足することが無くなり、禁煙の禁断症状を抑えることができるようになると言われています。

実際に禁煙法を紹介している本の中でトリプトファンの摂取が推奨されているなど、禁煙に高い効果が期待できるようですので、どうしても禁煙が続けられないという方は、トリプトファンを積極的に摂取してみましょう。

早く眠りにつきたい場合

先ほども紹介しましたがトリプトファンを摂取することでセロトニンが生成され、そのセロトニンがメラトニンを作ることでよりスムーズに睡眠することができると考えられています。

こちらも朝食にトリプトファンの多い食材を使用するようになってから、睡眠の質が向上したという実験結果が出ています。

ですので睡眠不足に悩まされている方にも、トリプトファンは非常におすすめできる栄養素となっているのです。

最小中毒量:体重1kg当たり300mg(成人男性)

先ほども触れたようにどんなに体に良い効果を発揮する成分でも、過剰摂取すると副作用を引き起こす危険性があるとされています。

トリプトファンの場合、体重1Kg当たり300mg摂取すると中毒を引き起こす可能性があるのだそうです。

また857mg/kg/30日の量を摂取するのも危険とされているので、1ヶ月の中でトリプトファンの量はしっかり調節して摂取するようにしてください。

妊婦さんが1gを摂ると胎児に呼吸不全の可能性

妊婦さんの場合、摂取した栄養素が胎児に影響を与えることが考えられますが、トリプトファンにもその影響があるそうです。

現実に妊婦さんが1gのトリプトファンを摂取したところ、胎児が呼吸不全を起こしたという事例もあるため、妊婦さんは特にトリプトファンの摂取量には気を付けるようにしましょう。

トリプトファンの副作用に注意

過剰摂取すると中毒などを引き起こす危険があるトリプトファンですが、実際にどのような副作用が起きることがあるのでしょうか。

嘔吐・下痢・頭痛など

トリプトファンの副作用として、消化管に作用して嘔吐や下痢などの症状が見られることがあるそうです。

また頭痛や強い眠気、立ちくらみなど脳にも作用する副作用が起こることもあると言われています。

肝細胞がダメージを受ける肝硬変

様々な良い効果が期待できるトリプトファンですが、過剰摂取を続けていた人の中には、それが原因で肝硬変を引き起こした事例もあるそうです。

またそれを放置したままさらに長期間摂取していると肝臓の機能が低下し、血中のアンモニア濃度が高くなる肝性脳症という病気を引き起こすこともあるのだそうです。

神経系の薬やセントジョーンズワートとの併用はダメ

トリプトファンと相互作用を引き起こす危険性がある神経系の薬とトリプトファンの併用は、副作用のリスクから絶対にしないようにしましょう。

またセントジョーンズワートまたはセイヨウオトギリソウと呼ばれている薬は、トリプトファンを非常に多く含んでおり、サプリと併用するとトリプトファンを過剰摂取してしまう恐れがあるので、絶対にサプリと併用しないようにしてください。

トリプトファンが多く含まれる食べ物

トリプトファンを含んでいる食べ物としては、以下のようなものが挙げられます。

牛・豚レバー290mg
かつお・マグロの赤身300mg
するめ590mg
バナナ10mg

これらがトリプトファンを摂取するのにおすすめの食品となっています。

バナナのみ含有量が低いように見えますが、これについては次の項目で解説していますのでそちらを参考にしてください。

ビタミンB6の同時摂取でセロトニン合成が促進

なぜ前項の表で含有量の低いバナナが表に入ったのかというと、バナナにはトリプトファンと共にビタミンB6も豊富に含まれているからです。

実はセロトニンを作る際にはトリプトファンだけではなくビタミンB6も必要とされていて、トリプトファンだけでは高い効果は発揮できないのだとか。

またセロトニンを脳内へ運ぶためには炭水化物も必要とされています。

バナナはこのトリプトファン、ビタミンB6、そして炭水化物がバランスよく配合されているため、おすすめの食材となっています。

この他にも先ほどの表にもあるカツオや大豆にもトリプトファンとビタミンB6が配合されていますので、セロトニンを作り出したい方はこれらの食べ物を食べてみると良いかもしれません。

トリプトファンをサプリで摂るメリット

トリプトファンは精神安定や睡眠改善のために摂取するためには、普通の食事以上に摂取する必要があるとされています。

しかしトリプトファンサプリは1粒に食事以上の量のトリプトファンが凝縮されているため、効率良く多くのトリプトファンを摂取することができるでしょう。

ただし量が多いということはそれだけ過剰摂取に繋がる危険性もあるので、摂取量には十分注意して使うようにしてください。

食品から摂取できない方におすすめ!トリプトファンサプリ

そんなトリプトファンサプリの中から、おすすめのサプリを2つご紹介します。

いつ飲むのかは特に決まりはありませんが、朝食時など空腹時がおすすめです。

ゼファルリン

\健やかにカリ高を大きくするならコレ/

ゼファルリン

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点93点
  • 価格:通常価格13,800円/2箱買いによる特別価格23,800円
  • 1回あたりの値段:通常価格460円/30日分 特別価格 1箱あたり11,900円・約397円/30日分
  • 保証・特典:送料無料、複数個買いで1個当たりの価格値引きなど
  • メーカー:KSTジャパン

ゼファルリンは天然成分を多く使用している精力剤です。

朝鮮人参やマムシなどの天然素材を使用していて非常に高い安全性を誇っており、L-トリプトファンのほかL-アルギニンなどのペニスに効果的とされている成分が多く配合されています。

製造している工場も日本の安全基準を満たした工場のみで製造されており、副作用などを懸念している方でも安心して使用できる精力剤と言えるでしょう。

公式サイトを見てみる

バイタルアンサー

\男性の悩みに答えをだす精力剤/

バイタルアンサー

  • 編集部評価:★★★★★ 総合点89点
  • 価格:通常価格12,960円/3箱買いによる特別価格33,048円
  • 1回あたりの値段:通常価格432円/30日分 特別価格 1箱あたり11,016円・約367円/30日分
  • 保証・特典:送料無料、複数個買いで1個当たりの価格値引きなど
  • メーカー:株式会社KDR​

アルギニンをメインに様々な成分を配合しているのがバイタルアンサーです。

トリプトファン、アルギニンのほかにオルニチンやシトルリンなども配合しており、ペニスだけではなく肝臓へのケアも期待できるアイテムとなっています。

トリプトファンの肝臓への負担をある程度減らしつつ有効成分によって高い効果が期待できるサプリですので、特にお酒を飲むことが多いという人は禁酒と共に、バイタルアンサーを使ってみると良いかもしれません。

公式サイトを見てみる

トリプトファンを上手く生活に生かそう

良い成分として名前を聞くことが多いトリプトファンですが、実際にその効果を検証してみると精神安定や快眠効果など、様々な効果が期待出来ることが分かりました。

過剰摂取は禁物ですが正しく摂取していれば、健やかな身体を作ってくれる成分ですので、正しい飲み方を心掛けて上手にトリプトファンと付き合っていきましょう。

TOP