アルギニン含有量が多い食品20選。食べ物から精力を上げるコツ

アルギニン含有量が多い食品20選。食べ物から精力を上げるコツ

アルギニンが下半身の悩みに効くというのは、最近では有名な話ですが、サプリではなく食品で摂取したいという方も多いもの。実は日本人らしい食事に戻せば、十分に食品から摂取が出来るのか?!アルギニン摂取の上手な方法とは?を紹介!

シェアする

目次

  • うれしいアルギニンの入った食品はどれ?
  • 【精力増大】アルギニンの多い食べ物を食べると?
  • 含有量の多い食品とその食べ方【お肉編】
  • 含有量の多い食品とその食べ方【お魚編】
  • 含有量の多い食品とその食べ方【大豆その他豆類編】
  • アルギニン食品を食べる際のポイント
  • おすすめのアルギニンサプリはこちら!
  • アルギニンで楽しく健康!

うれしいアルギニンの入った食品はどれ?

現在、注目されている成分の一つにアルギニンが上がっています。アルギニンの効果は、本当に沢山あり、下半身機能の改善や筋肉増強、アンチエイジングや美肌などが代表的。一般的に、こういった成分はサプリメントで摂取するのがオススメですが、サプリメントは高額なものが多く、なかなか手が出ないというのは、理解出来ます。

しかしながら、EDや老化、メタボ体型などになってしまうのは、長年の食生活の乱れとされていますから、日々の食生活を改めるて、食事から摂取するのが本来の根本的な解決方法なのです。

実は、以前の日本人の食生活をしていれば、アルギニンなどの必要な栄養は十分に取れていたという事実を知っていますか?一昔前の日本人は、一定の年齢になるまで、勃起不全などとは無縁であり、諸外国の男性と比較しても長く夜の現役プレイヤーでいられたというデータが存在しています。

そんな過去があるにも関わらず、現在では、若い年代を中心に勃起不全や中折れなどの悩みを抱えている。これはつまり、添加物バリバリの食品や、ファストフード、レトルト食品など、従来の日本人男性は口にしなかった食べ物を摂取しているために起こり得る事態といえるでしょう。

ここでは、勃起不全なんて全く怖くない!高齢者になっても現役プレイヤーでいたいあなたに送る、今から食事に取り入れるべき、アルギニンが多く含まれる食品を20個紹介していきます。

【精力増大】アルギニンの多い食べ物を食べると?

まず最初に、アルギニンが多く含まれる食品を知る前に、アルギニンを多く含んでいる食べ物を食べるとどのような効果があるのかについて把握しておきたいですね。アルギニンの正体は、「非必須アミノ酸」になります。必須アミノ酸というワードは、皆さん一度は聞いたことがあるのではないですか?BCAAなどに代表されるアレです。少し気になるのが、「アミノ酸」の前についている、「非必須」という言葉。こちらについて解説していきましょう。

まず必須アミノ酸とは、「体で作ることが出来ないアミノ酸」になります。そして「非」必須アミノ酸とは、「体では作ることが出来るものの、加齢や食生活、生活習慣の乱れなどによって、生成されづらくなるアミノ酸」と理解して下さい。

アミノ酸というのは、かなり大枠でのカテゴリーで考えた場合には、「タンパク質」に分類されます。つまり、アルギニンは、骨や筋肉といった、いわゆる肉体の成長や細胞の活性化を促してくれる何かしらの役割を担っていることが予想出来ますね。

主にアルギニンが多く含まれる食品を摂取すれば、成長ホルモンの分泌促進効果が期待出来るようになります。ざっと挙げていくと、筋肉増強、疲労回復、免疫力向上、血流改善、アンチエイジングといったものに役立ちます。こういった効果を見れば、加齢と共に衰える男性機能改善にも役立つことが予想できますし、逆に非必須アミノ酸の生成がまた上手に行えない小さなお子さんなどの成長促進にも役立つことになります。

このように沢山の効果がありますから、アルギニンが含まれる食品を食べることで、老若男女に関わらず、多くの方に多大な健康効果が期待出来るわけです。ただし、いくら健康などに良いとしても、摂り過ぎには注意が必要です。一般的な成人であれば15gから20g程度で良いとされており、子供の場合では、1日に5g程度で十分と言われています。

含有量の多い食品とその食べ方【お肉編】

まずはアルギニンが多く含まれている食品の中でも、肉類にターゲットを絞ってみましょう。アルギニンが多く含まれているとされる代表的な肉類を表にしてみましたのでご覧下さい。

牛のひき肉1,300mg
鶏のもも肉1,300mg
豚ロース1,500mg
豚ゼラチン7,900mg

表を見るとわかるのですが、豚肉にアルギニンは多く含まれていますね。特にアルギニン含有量が多いのは豚ゼラチンで、他の食品と比べると約5倍ほど入っています。これを取り入れないのは勿体ないですね。

食材の食べ方

牛のひき肉

牛ひき肉は、ハンバーグなどに仕上げるのがおすすめです。後に紹介しますが、豆腐などの大豆製品にも、アルギニンが豊富に含まれていますから、豆腐と牛肉を混ぜ、豆腐ハンバーグにすると、カロリーOFFにもなりますし、下半身の機能改善はもちろん、メタボ対策などにも繋がります。

鶏のもも肉

鶏のもも肉は普通にローストし、皮をパリパリにして食べるのがおすすめです。味付けはシンプルに塩・コショウだけで十分です。外はパリパリ、中はふっくら&ジューシーに仕上げたいなら、フライパンなどで焼くのではなく、オーブンなどでじっくり焼く方法が良いでしょう。

豚ロース

豚ロースも鶏もも肉と同様にローストしたり、薄くスライスされたものを豚しゃぶや生姜焼きがおすすめです。

ゼラチンはどうしたらよい?

肉類の中では、他のものが霞んでしまうほどに圧倒的なアルギニン含有量を誇っている食品ですが、「食べ方はどうすればいいの?」という方は多いものです。そんな方にオススメなのは、餃子のタネなどに入れるという方法です!ゼラチンとタネを混ぜ、餃子の皮に包んで焼くと、噛んだ瞬間に肉汁がジュワ~と滲みでてくる極上餃子が出来上がります。ぜひ試してみてくださいね。

含有量の多い食品とその食べ方【お魚編】

次にアルギニン含有量が多い食品の中でも、魚介類を表にしました。

マグロ
1,300mg
かつお1,400mg
はも1,400mg
さわら1,300mg
すじこ1,800mg
鯨肉1,400mg
海老2,000mg
しゃこ1,400mg
カニ1,500mg

魚介類の中では、甲殻類や魚卵にアルギニンが多く含まれていることがわかります。それでは食べ方を紹介します。

食材の食べ方

マグロ

マグロの食べ方でおすすめなのは、塩コショウとオリーブオイルで弱火で煮るというアヒージョのような調理法です。鍋にマグロのブツや切り身を入れ、オリーブオイルが浸るくらいに入れます。2ほど弱火で煮たら、裏返してローリエを入れ、塩コショウをして火を通します。ココットなどに入れてオリーブオイルを追加し、ラップをして1夜寝かせれば、自家製のツナが出来上がりです。ご飯やパンに乗せて楽しみましょう。

かつお

かつおは、ガーリックパウダーなどをまぶして唐揚げにすると美味しく頂けます。本格的に揚げなくても、小麦粉などをまぶし、フライパンでも簡単に唐揚げが作れるので、意外と簡単に作れておすすめです。

はも

はもをご家庭で料理をされる方は少ないのではないでしょうか。扱いが難しい食材の一つです。白菜と一緒にはも鍋にしてしまいましょう。醤油麹とお酒、みりん、白だしで作る醤油ベースのお鍋がおすすめです。

さわら

さわらは西京焼きが最高です。白味噌と白だし、お酒とみりんを合わせたものに漬け込み、3日くらい冷蔵庫で寝かせます。取り出したら水で洗い流し、後はグリルで焼くだけです。焦げやすいので身の面から焼くのがコツになります。

すじこ

すじこはそのままご飯に乗せて食べるのもいいですが、飽きてしまうものですね。飽きてしまった場合には、じゃがいもやほうれん草などと一緒にパスタにしてしまうのがおすすめです。塩コショウだけの味付けのシンプルなパスタですが、すじこの塩気とじゃがいもの甘さがマッチして、なんとも言えない絶品パスタが出来上がります。

鯨肉

鯨肉はステーキにします。お肉が硬いため、玉ねぎをすりおろして、それに一晩鯨肉を漬け込みましょう。翌日に取り出し両面をじっくりと中火で焼き上げます。たまねぎは捨てず、鯨肉と醤油、酢と合わせてオリジナルのソースを作って完成です。

海老

海老はアボカドを使ってココットにするのがおすすめです。アボカドを半分にしたら、身とタネをくり抜き、身をざく切りにして、ケチャップとマヨネーズ、塩コショウをしてフライパンで炒めます。それをくり抜いたアボカドの皮の中に入れれば即席ココットの完成です。

しゃこ

しゃこも一般家庭では、あまりお目に掛かれない食材ですね。塩ゆでをして皮をむきます。にんにくのみじん切りと鷹の爪を準備しましょう。オリーブオイルをフライパンに入れ、にんにくと鷹の爪を入れます。にんにくがシュワシュワとなったらシャコを入れ、約10分したら耐熱皿に入れ替え、オーブンで更に5分ほど加熱すれば、シャコのアヒージョの完成です。

カニ

カニはシンプルに茹でる、蒸すなどの調理法で美味しくいただきます。焼きガニでも鍋でもお好きな方法で頂きましょう。

加熱か日を置いて熟成させるのがポイント

新鮮な魚介類は、そのまま生で食べたいと思う方が多いものです。確かに美味しいと感じるかもしれませんが、アルギニンの摂取をメインに考えた場合、加熱をするか、何かに漬けたりして、日を置き熟成をさせるのがポイントです。

というのもアルギニン同様に下半身の機能改善に役立つとされる遊離アミノ酸の一つ、シトルリンも同時に摂取ができるようになります。新鮮な生の状態では、遊離アミノ酸が十分ではないため、敢えて加熱するか、日を置いて熟成させるという調理方法で頂くのがおすすめなのです。

含有量の多い食品とその食べ方【大豆その他豆類編】

最後に大豆やその他の豆類などの食品の中で、アルギニン含有量が多い食品を紹介します。

豆腐500mg
きなこ3,000mg
納豆940mg
胡麻2,700mg
くるみ2,200mg
アーモンド2,100mg
落花生3,000mg


こうやってみると、肉類や魚介類と比較しても、アルギニンの含有量が豊富な食品が多いことが分かります。それでは食べ方を紹介しましょう。

食材の食べ方

豆腐

淡白なイメージがありますが、ネギと鰹節、更に大根おろしドレッシングを掛けて頂くと十分なおかずに早変わりします。カロリーが低く、鰹節にはアルギニンが豊富なので豆腐と鰹節の両方からアルギニンの摂取が可能なメニューです。

きなこ

きなこは、クッキーやお餅などのお菓子にするのが一般的ですが、豆腐と一緒にきなこを入れ、ホットケーキミックスと混ぜて180度のオーブンで器に入れて焼くと、ヘルシーなパウンドケーキが出来上がります。

納豆

納豆のおすすめの食べ方は、豆腐の上に納豆を乗せ、キムチと韓国のりをまぶす。そこにマヨネーズとめんつゆを適量かけると、韓国風納豆冷奴の出来上がりです。

胡麻

胡麻は投入と生クリーム、砂糖とゼラチンを使ってプリンにします。砂糖とすりごま、更にゼラチンを混ぜ、火にかけて溶けたら冷蔵庫に入れ固めて完成です。

くるみ

そのままでもいいですが、摂取量を考えると何かと和えるのがおすすめです。例えばブロッコリーとささみのサラダやレタスとプルーン、プチトマトのサラダなどにくるみをトッピングして頂くと栄養バランスも満点です。

アーモンド

アーモンドはソイラテにすると大量に摂取出来ます。50gに対して100ccの水でアーモンドを一晩程度浸して柔らかくします。水ごとミキサーに入れてペースト状にしたら、300mlの豆乳を少しずつ入れてミキシングすればソイラテの完成です。カロリーや糖質が押さえられ、朝ごはんにぴったりです。

落花生

落花生もミキサーにかけ、ペースト状にしましょう。ペースト状になったら、適量の砂糖を入れて完成です。ローストしたものを使うと風味が出て食欲を引き立ててくれます。ピーナッツバターになりますから、パンなどにつけて頂きます。

量を食べられる調理をする

大豆やその他の豆類には、アルギニンが多く含まれていますが、表の数値は100gあたりの含有量です。一つ一つをそのまま食べる場合には、気が遠くなってしまうほど大量に食べ続ける必要があります。

量を食べられるように、ミキサーで砕いたり、すりつぶしたりして調理法に工夫をすれば、効率良く大量のアルギニンが摂取できるようになるのです。

アルギニン食品を食べる際のポイント

アルギニン食品を食べる際のポイントはどんなことがあるのでしょうか。まず、アミノ酸の含有量についてです。前述には、お肉類、魚介類、そして大豆類の表をまとめていますが、いずれも100g当たりに含まれるアルギニン量になります。そして、食品のタンパク質を構成しているアルギニン量であり、下半身の機能改善や動脈硬化の予防といったものに効果を発揮するといわれている遊離アミノ酸の状態の含有量ではないということがポイントです。

単純に100g当たり、いくつのアルギニン量が入っているから、推奨摂取量である15gから20gを摂るために逆算して摂取量を決めたとしましょう。計算上では十分でも、実は思い通りに摂取出来ていない場合が多いのです。また、食品の状態も重要です。新鮮であるか否かという点でも、アルギニン量が変わってくるからです。一般的には出来る限り新鮮な状態のままが良いと思われるかもしれませんね。ただし新鮮であればあるほど、タンパク質の分解が出来ていないため、遊離アミノ酸の含有量が少なくなるという特徴があることを忘れてはいけません。

更に、高野豆腐などはアルギニン量が多いように思え、手軽に摂取できる食品と思われがちですが、実際に使う場合、水で戻すケースが多いです。戻した場合には、ボリュームがアップし、思ったほどに食べられないという難点があります。

アルギニンばかりに注目し、他にも大事なビタミン・ミネラル類は全く無視という摂取の方法は、体調を崩すだけです。食事は栄養バランスが何よりも大事ですから、バランスの良い食生活を送るように心がけたいですね。

また、前述までのものを見てもらえると分かる通り、アルギニンの多い食品=タンパク質の多い食品となっています。高タンパクなものは、カロリー量も多いので、気をつけないとアルギニンは摂取出来ているけれど、カロリー過多になり、メタボなどになるケースも少なくありません。さまざまな健康効果が期待出来ますが、過剰摂取となると、やはり身体が壊れてしまいますから、摂取量を十分に守っていくことも忘れないようにしたいですね。

これらの注意点を押さえ、アルギニンの多い食品を摂取していきましょう。

サプリならアルギニンが効率よく摂れる!

アルギニンの多い食品を紹介しましたが、例えば豚ロースの場合、100g食べても1.5gのアルギニンしか摂取出来ないことになります。推奨量である15gを摂取するとして、豚ロース肉をどのくらい食べればいいのか?なんと、1kgにもなってしまいます。

1日の摂取量ですから、3食で分けたとしても、1食あたり300g超の豚ロース肉を食べなければならない…。これは、いくら食べてもお腹が減るといった思春期の部活少年や少女ならば可能かもしれません。が、成人を越えている男女の食事量としては、現実的とはいえませんね。

食事を見直すことは非常に大事なことです。しかしその方法が、物理的に可能であるか?また経済的に問題ないか?などを考えると、サプリを使って摂取するのがベストな選択でしょう。

サプリなら、何粒かのカプセルや錠剤を飲むだけですから、お腹いっぱいになって気持ち悪くなったりなんてことはありません。また、いちいち食材を買いにいき、遊離アミノ酸になるまでの時間を計算したり、タンパク質が分解されるような調理方法を用いて、手間暇を掛ける必要もありません。ですから、かなり効率的にアルギニンの摂取が可能になります。

また、前述でも少し触れましたが、推奨摂取量を食品だけで摂ろうとした場合、豚ロース肉なら1日1kg必要です。1kgの豚ロース肉を購入する場合、エリアや銘柄などによっても価格に差が出るものの、平均で1000円から3000円掛かります。1000円だとしても10日で1万円、30日では3万円かかる計算です。

サプリであったとすると、1ヶ月で3万円も掛かるサプリは、かなりの高級品です。アルギニンサプリの平均は、1ヶ月で1500円から高くても1万円ですから、それを考えるとサプリで摂取する方が、遥かにコストパフォーマンスが良いことになります。

おすすめのアルギニンサプリはこちら!

アルギニンを食品で摂取する心がけは良いものの、やはり継続性やコスパを考えた場合には、サプリメントでの摂取がおすすめです。数多くあるアルギニンサプリの中でも、ここでは3つのサプリを紹介します。

クラチャイダムゴールド

まずはクラチャイダムゴールドです。日本サプリメントフーズから販売されている商品で、最大の特徴は、アルギニンの含有量の多さです。一ヶ月分のアルギニン量は、驚異の17,400mgです!

クラチャイダムとは、黒ショウガやブラックジンジャーと呼ばれる植物であり、古くから精力剤として用いられてきた歴史があります。またアルギニンだけでなく、BCAAの含有量も豊富なので、下半身の悩みを一気に解消するのにもってこいのサプリです。

価格は4,320円とアルギニンサプリの中でもリーズナブルな設定になっています。

クラチャイダムゴールドのリアルな口コミ・体験談を詳しく知りたいなら『クラチャイダムゴールドは効果なしの精力剤?口コミから成分まで調査』を参考にしてみてください。商品を知るのに役立つ記事です。

マックスオム-インプシトリン

次に紹介するのは、マックスオム-インプシトリンです。健幸生活研究者から販売されているサプリで、特徴はL-アルギニンの他、14種類の天然植物素材をふんだんに配合されているところです。年齢不詳を可能にしたという話題の商品ですから越えられなかった年齢の壁を突破したい方にオススメです。

通常は6,300での販売ですが、初回購入時は、70パーセントOFFの1,980円で購入が可能です。また、7日間の返金保証までついているので、アルギニンのパワーを試したいという方には、嬉しい保証ですね。

かさ増しアルギニンサプリが多い中、品質にこだわった純度の高いL-アルギニンを豊富に配合したサプリメンです。

L-アルギニン5000プラス

最後に紹介するのが、L-アルギニン5000プラスです。ノーベル賞学者であるイグナロ博士の研究データを参考に製造されたドクターズサプリになります。

アルギニンを3600mg以上摂取することで、血流循環の改善と就寝中の成長ホルモン分泌を促すというイグナロ博士の理論を参考に良質なアルギニンを5000mgも配合されている品質ナンバーワンの声も高い商品です。下半身の機能改善はもちろん、筋力増強や体脂肪燃焼など高い負荷効果が期待できる評判になっています。

コストも6,280円ですから、一般的なアルギニンサプリの平均的な価格であり、コスパが高いといえるでしょう。

アルギニンで楽しく健康!

いかがでしたでしょうか。

アルギニンが豊富に含まれている食品と、アルギニンを効率良く摂取するための食べ方を紹介しました。

undefined
大ちゃん
意外とアルギニンが多く含まれている食品はあったよね!
undefined
さとみ
うん!でも、やっぱり食品から推奨量の15gや20gを摂取するのは難しそうだし、私ならサプリでアルギニン生活を始めるわね!
undefined
大ちゃん
そうだね!アルギニンサプリは沢山あるけど、オーガニックな材料で製造されているクラチャイダムゴールド、マックスオム-インプシトリン、L-アルギニン5000プラスがオススメかな。
undefined
さとみ
手軽でコスパも良いから、楽しく続けられそうね?血流促進で、勃起力改善とサイズアップ!疲れにくい身体とやる気までアップしちゃうんだから、長い現役生活が続けられると思うとワクワクしちゃうね!

 これをきっかけに皆さんもアルギニン生活を送ってみてはいかがでしょうか。

TOP