プロが教える媚薬の使い方マニュアル7選|シチュエーション別にテクニックを伝授!

プロが教える媚薬の使い方マニュアル7選|シチュエーション別にテクニックを伝授!

媚薬っていつ、どんな風に使えばいいのか知っていますか?今回は多くの媚薬を経験した媚薬マニアに教えてもらった内容を記事にしています。シチュエーション別で書いているので、媚薬を買ってすぐ使ってみてください!

シェアする

▼女性に媚薬を使うおすすめなタイミング▼

飲む媚薬のおすすめシチュエーションでの使い方

飲む媚薬を使うゴールはその女性とホテルで夜を過ごすことです。

どうしてもあの子と夜を過ごしたいとき、飲む媚薬は女の子をその気にさせるのでおすすめです。

飲む媚薬の使い方パターン1~サシで居酒屋~(持ち帰り難易度★★)

サシで飲めるということはあなたにそれなりの好意があるのでホテルまで難しくはないでしょう。

お酒を飲んでほろ酔い状態が理想です。ほろ酔い状態だと媚薬の効果が高まるので。

女性がトイレ行った隙に、媚薬をお酒に入れましょう。

女の子が飲んでから30分後くらい過ぎると、女の子が少し悶々としてきます。

そのタイミングを見逃さず、女の子の隣に行って2人の距離を近づけましょう。

パーソナルスペースを破られると女の子がコチラを男として認識するので、居酒屋を出た後、手を繋ぎ悶々とした女の子をホテルへ連れて行くだけです。

飲む媚薬の使い方パターン2~クラブで会った子と~(持ち帰り難易度★)

※まずクラブの中で媚薬を使うのは、危険な薬物だと思われるので使わないようにしましょう。

クラブを出て居酒屋などで飲み直す時におすすめです。

相手はコチラにかなり好意があるので、熱が冷めないようトイレに行った時、お酒に媚薬を入れましょう。

30分後くらいになると効果が出てくるので「汗掻いたね」「足疲れたね」と共感を誘います。その後、夜も遅いし、帰るのも大変だから少し朝までホテルで休んで行こうと、女の子がホテル行く理由を作ってあげてホテルへ誘うだけです。

飲む媚薬の使い方パターン3~合コンのノリで~(持ち帰り難易度★★★)

合コンでゲームに負けた人は、媚薬入りのお酒を飲む罰ゲームをしましょう。

ただ通じるグループと通じないグループがあるので、ノリが良さそうなグループ限定で。

合コンで媚薬を使う良さは、相手が悶々とするのはもちろん、媚薬によって自然と下ネタを話せたり、女性がコチラとの行為をイメージしやすくなるので、ホテルまで持ち帰るプロセスが簡単になります。

あとは外に連れ出せるいい雰囲気の女の子にホテルへ誘いましょう。最初はえーと断られるかも入れませんが、「媚薬のせいだから」と言って押し切りましょう。

▶︎飲む媚薬のおすすめ商品はコチラ

塗る媚薬の使い方とおすすめシチュエーション

塗る媚薬を使うゴールは女性の腰をガクガクに震わせるくらいのエッチをすることです。

セックスレスのカップルや夫婦にもおすすめです。最近だと女性が買うパターンも増えているそうです。

塗る媚薬の使い方パターン1~マンネリ化した彼女と~(キメセク難易度★★★)

エッチがマンネリ化した彼女や奥さんへ使うのがおすすめです。

塗るときの注意は「キメセクしようよ」や、「これ塗ると体がガクガクになるくらい感じるんだ」と大きなことを言ってしまうと女性が怖がり拒否されることがあります。

大げさに言わず、「これ塗ると気持ちよくなりやすいんだ」などあなたのことを思って塗ると理解してもらいましょう。しかし塗ったらコチラの勝ちです(笑)

前戯がある程度終わったら、クリトリスからクリームを塗ってあげましょう。そのあとクリトリス周りを愛撫して、5分近くは焦らしてから触ります。

すると塗った場所が少し熱くなりジンジンとしてくるので、アソコは敏感になっています。あとはいつも通り行為すれば、普段とは違う彼女の感じるアヘ顔を見ることができるでしょう。

塗る媚薬の使い方パターン2~セフレにしたい女性と~ (キメセク難易度★★)

セフレにするなら、エッチのテクニックは上手ではないといけません。

またどうせなら女の人から「したい」と求められるようになったら最高ですよね。

そんな時、塗る媚薬はおすすめです。

パターン1ではクリトリスしか塗りませんでしたが、快楽を求めるなら乳首にも塗った方が体全体が感じるようになるのでおすすめです。

これで女性にとって忘れられないエッチとなり、あなたの虜になるでしょう。

▶︎乳首の効果についてもっと知りたい人はコチラ

▶︎塗る媚薬のおすすめ商品はコチラ

香水媚薬の使い方とおすすめシチュエーション

香水媚薬を使うゴールは女性にフェロモンを嗅がせ、エロティックな印象を植え付けることです。

大人数で印象に残りにくい時や、普段と違った雰囲気を出す時に使うのがおすすめです。

香水媚薬の使い方パターン1~かわいい会社の部下と仕事終わりに~

会社の部下が仕事で失敗して落ち込んでいる時、媚薬香水をつけて飲みに誘うのがおすすめです。

普段と違ったエロい雰囲気を出すには、匂いを変えることが1番有効です。なぜなら男性は「エロい」を視覚で感じますが、女性は脳で感じます。

そして嗅覚は五感の中で唯一、脳の”本能に”直接働きかけるため、女性に性的対象として認識させるにはもってこいです。

匂いを変えた状態で、部下を飲みに誘い弱った部下に飲む媚薬を盛れば、あとは覚悟次第でご想像の通りになります。

香水媚薬の使い方パターン2~結婚式の二次会で~

結婚式の二次会のように大人数いる場所は、匂いで印象づけることは重要です。

人の第一印象は7秒で決まります。その7秒でどんな人なのかを女性の記憶に刷り込みましょう。

見た目の顔やスタイルなどは変えられないので、せめて匂いは誰でも簡単に変わるため、変えるべきです。

匂いさえ印象づければ、あの匂い=〇〇さんなので、次のデートなどに誘いやすくなります。

そこでまた居酒屋に行ければ、あんなことやそんなことができるようになります。

▶︎香水媚薬のおすすめ商品はコチラ

まとめ

3種類の媚薬は薬物のように凶変するわけではありませんが、普段と違うよう、サポートしてくれるアイテムです。

正しいシチュエーションと使い方をして、快楽を楽しみましょう!

TOP